衝撃の問題作!「スイカのゼリー」そのとき、妻は!!?

スイカもそろそろ名残の時期だというので、ここらでひとつ
どーんと丸ごと買って、名残を惜しもうと思った。

suika2007_jerry_01.jpg

買ったのは山形の尾花沢スイカというもの。

二つに割って思ったのが、

suika2007_jerry_02.jpg

こんなにあるんやったら何か作ったらええんとちゃうん?
例の氷結濃縮法で濃くしてからゼリーにしたらどないやろ?
きっと濃厚でスイカ感たっぷりの美味いゼリーになるで!!!

と、構想一瞬で製作に入った。

果肉から種を出来るだけ排除して

suika2007_jerry_03.jpg

ミキサーにかけて

suika2007_jerry_04.jpg

例のペットボトルを2つに切った漉し器にいれて冷蔵庫。

suika2007_jerry_05.jpg

850gの果肉から絞った果汁が720g
(尚、この計量器は、容器の重さを除外して表示できる)

suika2007_jerry_06.jpg

これを深型バットに入れて

suika2007_jerry_07.jpg

ちょっと凍らせてはガーゼで絞り、ちょっと凍らせてはガーゼで絞り・・・
を繰り返し・・・7,8回は繰り返したと思うが

suika2007_jerry_08.jpg

最終的に得られた濃縮果汁は140g
手手絞りだからか減耗が激しい。

これに湯煎で溶かしたゼラチン3gを混ぜて、冷やして固める。

suika2007_jerry_09.jpg

盛りつけて完成。

suika2007_jerry_10.jpg

夕食後、にやにやしながら妻に試食を勧めると

一匙で神妙な顔になった妻は、二匙目で匙をおいた。

何故だぁ~っ!!!!!!!!??????????
だって西瓜の味じゃん!!濃いじゃん!!??めちゃ濃いやん!!!!
美味しないか?そら変やな??

「あなた、それ美味しいと思う??」

う”?絶品ではないが西瓜の味が濃いと思うぞ。
雑味も濃縮されているかもしれんけど、濃いぞ!濃いやろ!??
だいたいやね~
果汁を固めただけでフルーツゼリーでございなんてあかん。
せやし濃縮したわけや。しかも加熱せんと、フレッシュなままで!
西瓜の味も香りもそのままやろ!!??

なんて、ご託を並べるようではアカンのですな。
蘊蓄だけ立派なのがダメダメなのは、外食でも家庭料理でも同じだ。
所謂「男の料理」は蘊蓄先行のイメージ。だからキライなんですよ。

それならば、と、冷蔵庫からサワークリームを出してきて、
それをヨーグルトでのばしてソースにしてみたのだが・・・

suika2007_jerry_11.jpg

お~びゅ~てぇほ~だ。白と赤のコントラストが美しいぜ!!!

再び、しぶる妻に試食をさせると・・・一匙でアウト!!
変な顔して向こうへ行ってしまいました!!!!!
口直しに熱い茶を慌てて飲んで火傷したって文句を言いながら。

でもでも、へ?これそんなにマズイかなぁ???
面白い味やん?
美味いかどうかは微妙やけど、面白い味でしょ?
おあおぁお~い、どこへ行く??

はい。
妻に美味いといわせられなかった僕の完全敗北です。
結論としてこの西瓜のゼリーは没ということだ。
要するに、スイカはそのまま食うに限る!!!!!

しかし、氷結濃縮の方法は、やはり使えることが確認できたので、
次回は何か別のフルーツで試してみるつもり。

とりあえず、胡瓜なんかどないだ?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。とっても楽しく拝見させていただきました。
スイカゼリー!その発送がステキです。
お料理はアイディアですもんね。
味はその次です・・・奥様の反応に(笑)
また遊びにうかがわせていただきます。

↓の桜海老のパスタにも興味津々☆

笑いました

初めまして。グジについて調べてたら辿り着きました。
スイカのゼリーではないですが、ワタシの良く行くイタリアンでは透明なトマトのジュレという夏の人気メニューがありまして、ほぼ同じ作り方です。同郷のフレンチのシェフから習ったと言ってました。
スイカに応用は誰もチャレンジしていないと思います。
次のチャレンジが楽しみです。
誰も歩いた事の無い場所を進んで下さい。道は政さんの後にできるかも!?

>nanaママさん
はじめまして。
やはり僕にとっては料理は味が第一義です。
食べた人に美味しいと思って貰えない料理に値打ちはありません。
かかる観点からは、この試作は明らかに企画倒れの失敗品であります。
凝縮させたスイカがあんな味になるとは意外や意外・・・
まぁ、家庭料理における失敗なんぞ、気楽なものではありますが・・・

>bleu et rouge さん
はじめまして。
これは、正にフレンチで食べたトマトのゼリーに触発されたものです。
スイカ・ゼリーは、この夏はもう試せそうにありませんが、氷結凝縮
してゼリー化という技法は、応用が利きそうです。
しかし、フルーツを材料にしたスウィーツというものは難しいですね。
果物はそれ自体が既に美味しいものなので、それに手を加える以上、
更に美味しくするとか、別方向に美味しくするとか、新たなる美味
しさを発現せしめる等の価値を付与せしめねば、無意味ですから。
それは、家庭料理においても希求すべきところだと確信しています。
もっとも、僕は気楽に模索していくだけですが・・・

スイカ飴

昔、ソニープラザに棒状の色んなフレーバーの飴があったのを思い出しました。(勿論アメリカ産)それに“WATERMELON”もありましたが・・・
確かにスイカの味がしましたが、「ふーん」て感じで、何度も買うほど美味しくはなかった気がします。

スイカ嫌いの奥様なら、この味が濃くなることになおさら納得できないでしょうね。(苦笑)

私はスイカはどちらかと言うと好きだと思いますが、あれは水代わりと思っている部分もあり・・・ゼリーが出てきたら・・・やっぱ「ふーん」って思うだけだと思います・・・(あ、ごめんなさい(^^;)

>すまいるさん

「別にスイカが嫌いなのではなくて、執心がないだけ」と申している妻と、
濃縮を免れた残りのスイカを食べながら思ったことは、
スイカの魅力はみずみずしさの中にあるなぁ~と、まぁ、そういうことで、
濃縮しちゃたらスイカの真味は失われるんとちゃうか?ということでした。

しかし・・・

以前、某県某所某フレンチで選んだデザートが、「スイカのナンタラカンタラ・・・」
だったのですが、出てきたそれはただのスイカ。
スイカを立方体に切って、そこから円柱をくり抜いて、なんか知らんけど
奇妙な形に立体的構築を加えただけの代物で、しかもスイカとしても大して
美味くもなんともなかったのであります。

なんか、ものすごぉ~く、がっかりしました。超立腹!!!!!

いくら何でも、それでは値打ちがなさ過ぎる!!!!!!って!
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク