生サクラエビ

生サクラエビ
sakuraebi01.jpg

 生のサクラエビというものはこちらに来て初めて食べた。尤もこれは伊豆の味と言うよりも駿河の味なのだろうが。
 因みに清水町と三島市の境にその名も「境川」という川、といっても小川なのだが、が流れており、これがかつての伊豆國と駿河國の境界だったそうだ。それが理由か、今年の10月から導入される伊豆ナンバーも、三島は対象地域だが、清水町は沼津ナンバーのままだそうだ。自家用車を持たない我々には関係ないことではあるが、伊豆半島や箱根の東側では、伊豆ナンバーの方がふさわしいのではないかとも思う。
 写真のサクラエビは清水町の『食遊市場』で買ってきたものだ。他には『イトーヨーカドー』でもみかける。でも、ヨーカドーのは解凍ものである場合が多い様な気がする。『キミサワ』ではあまり見かけない。どうもキミサワは鮮魚が弱くて残念である。今は無き広小路の『キミサワ』はがんばってはいたが、加茂川の鮮魚コーナーは寂しい。  
 冷凍サクラエビといえば、こちらに越してきたばかりの頃に一度だけ行った某海鮮料理屋で、漁期であるにもかかわらず解凍のものを出されてがっかりしたことがある。かき揚げにするには解凍ものでも十分だろうが、刺身で食わすなら冷凍履歴のないものに限るだろう。解凍ものしかないのなら刺身で出さなければいいのに。

 さて、どの様に食べるかというと、我が家ではかき揚げと決まっている。はじめの頃は物珍しさもあって生で食べもしたがが、生ではどうも殻が口の中にさわってしゃぐしゃぐしていただけないとなった。だが日本海の白エビならいざ知らず、サクラエビは殻を外すには小さすぎで面倒くさい。素焼きもいまいちだし、結局かき揚げが一番うまいということになった。
sakuraebi02.jpg

 僕の方法は、ペーパータオルに挟んで水気を切っておいたサクラエビにゆるい衣を薄くまぶし、そこに上新粉をふり入れて、形にまとめて油に入れる。唐揚げとかき揚げのあいのこみたいなものになって美味い。上新粉により揚げおかき風の風味もつく。三つ葉も入れたいところだが、普通の水耕栽培ものは香りが貧弱で入れる意味がないと思う。露地ものがあった時だけ入れる。 

 
ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとちょっと幸せ。
応援していただけるのならば、下のアイコンのワンクリックをお願いします。


  にほんブログ村 料理ブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。生のサクラエピなんて美味しそうですね!透明で凄い新鮮です!

こんにちは。 はじめまして。
私も静岡県に住む主婦です。
普段目にしている景色でも
他の方のブログを通して拝見すると
素敵に見えて新鮮です。
新しい静岡県の魅力を、
再発見させて頂きました。

>BENELOP様
コメント有り難うございます。
サクラエビの他にも、生シラスも美味いです。要は生のちりめんじゃこですが、関西では食べたことはありませんでした。いずれここで紹介したいと思います。

>きょんた様
ようこそいらっしゃいました。
そうですね。当地に越してきた頃は、早く関西に帰りたいと思ってばかりいましたが、
今ではここがかなり気に入っています。海あり、山あり、富士山ありで、とても魅力的です。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク