狩野川ウォーキング(湯ヶ島温泉~沼津港) 後編

ここで決断を迫られる。続行か?リタイアか???

実際、足の裏は痛くて痛くて踏ん張ることも出来ず、半歩ずつ足を
運ぶのがやっとの状態だった。しかし、漢が一度決めたことを投げ出す
のは情けない!!とにかく、行けるところまで行ってやると決めた。
尚、昼飯省略。食わんでもどっちゅうことはない。

1506 千歳橋からは右岸を行くのが良いようなので、橋を渡る。

kanogawa_16.jpg

1517 ゴールまで18km

kanogawa_17.jpg

GPSの記録によれば、この頃の歩行速度は4~5km/h

なんかもう、足の裏が痛くてね。
だが足の裏の痛さを気にしないでいられる心の持ちようという
ものがあって、その状態を得られたら、頭の中でコップの縁迄
満たした水を想像する。そしてその水をこぼさぬように、こぼ
さないように慎重に心を平らかに保って歩いていけば、痛みは
結構気にならないことを発見した。
それでも時々、小石を踏んだり、路面の微妙な傾き、水分補給の
停止等、そういうイレギュラーな事象が発生すると、心の平衡
状態は破られて、足の裏の痛みを思いだし、うっ!となる。

1557 ゴールまで15km

kanogawa_18.jpg

石堂橋を左岸に渡る。

kanogawa_19.jpg

綺麗な堤。
予定では、後はずっと左岸を行く。


ところが、途中で・・・

kanogawa_20_masado.jpg

あらら?堤防が分断????

回り道したくねぇ~!さぁどうする?
実はこの場所(沼津市大平政戸)のことは事前にグーグルアースで
判っていたのだが、実際に来てみるとなんとなくやばそう。
足さえまともなら藪こぎ上等なのだが・・・
丁度そのとき、犬の散歩の男性がいたので尋ねてみれば、
よじ登れば向こうに抜けられる道があることを知る。

なるほど、

kanogawa_21.jpg

虎ロープが張ってある。
足の裏を気遣い登れば、

kanogawa_22.jpg

無事反対側へ到達。

1649 ゴールまで12km

kanogawa_23.jpg

でも、なにこれ?
えらいまた長い200mやなぁ~

当初の予定ではもう沼津港に着いていたはずの時間
なんか、もう、苦痛に耐える修行みたいになってきた。
でも、少年はこうして大人の漢になっていくのだ!

1653 新城橋

kanogawa_24_shinjobasi.jpg

三島市の南端に架かる橋で、富士山絶景の場所らしい。
残念ながら見えないけど、冬は確かに凄そうだ。
きっと見に来よう。

1722 ゴールまで11kmの標識の先で、

kanogawa_25.jpg

またまたピぃ~ンチ!!!!

堤防が切れてるよ。やばいよ。
今回も幸い、偶々通りかかられた犬の散歩のご婦人に尋ねれば、
実は奥に道があると教えて貰い・・・

kanogawa_26.jpg

無事通過。

1733 あと9km

kanogawa_27.jpg

足の裏で何かが潰れた感覚があったので、この先のベンチで足の再治療。
滲出していた僕の体液で靴下が濡れていた。


1800 徳倉橋

kanogawa_28.jpg

見慣れた橋も別のものに見える。
この先、しばらく河岸を離れ、街中を歩く。堤防を行けないようなのだ。

道は河岸に戻り、もうすぐ香貫大橋

kanogawa_29_kanukioohashi.jpg

時刻は1837

kanogawa_30.jpg

香貫大橋のたもとから狩野川沿いに沼津港まで歩行者・自転車専用の
遊歩道が整備されており、クルマに煩わされることなく歩ける。
にしても、足がやばい。脚もヤバイ。
マメをかばいながら歩くので、変な使い方を続けてきたのだから当然。
ウォーキングのご老体の方々ににひょいひょい抜かれていくよ。

1849 ゴールまで4km

kanogawa_31_4km.jpg

1913 御成橋

kanogawa_32_onaribashi.jpg

あ!あれは!!!

kanogawa_33.jpg

沼津港のびゅぅおの灯だ!ゴールは近い!!

港大橋を渡り、

kanogawa_34_1km.jpg

1939 あと1km!

1946 我入道の渡し!

kanogawa_35_watashi.jpg

1948 波打ち際でゴーール!!

kanogawa_36_goal.jpg

本当はもう少し先があったようなのだが、工事中らしく進めなかった。
いもいいのさ。間違いなく湯ヶ島温泉から沼津港まで歩いたんやから。

なにはともあれ沼津港の食堂でビーール!

kanogawa_37.jpg

生シラース!!!

kanogawa_38_namashirasu.jpg


海鮮ちら~しスーシ!!!

kanogawa_39_chirashi.jpg

やっぱし沼津港ではここやな。

なんせ昼飯食ってへんもんなぁ。
足が痛くて食う気もおこらへんかったしな。
でも、足の裏さえ無事ならば、体力的には何でもない感じ。

後はお家へ帰るだけなんだが、沼津港からのバスは既に無く、
三島までタクシーで帰ろうと思ったが、
その日に限ってタクシーも通らず、とりあえず駅へ向かう。
足は更に痛く、よちよち歩きですわ。
空車のタクシーを見かけたのは沼津駅の直前。
あほらしいから電車で帰ることにする。

kanogawa_40_numadueki.jpg

三島に戻れば夏祭りの真っ最中。

kanogawa_41_mishima_natsumatsuri.jpg

あぁ~俺って何をやってんだか????
いや、だから、これが僕的には正しい夏なんだってば!


翌日、帰省から戻ってきた妻はよちよち歩きの僕を見て
大いに呆れていたのだった。

まぁ、この歩きで培われた根性は、他のどこかで屹度役に立つ!

ってことはないだろう。たぶん。そうゆぅもんやと思う。
でも、ええの。これでええの。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れサマー(死語?)!

盛岡の夏もそろそろ終わりです。

“やせ我慢”こそ男の美学。
飯の足しにはなりませんけど。

政さん、いい夏でしたね~


「飯の足しにならん」というのが、正に言い当て妙であります。
筋トレも山歩きも足の裏のマメも稼ぎにはなりません。
ともあれ、今年は色々と正しい夏を過ごせたようです。
僕もこれで少しは大人になれたでしょうか?
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク