トウミョウ(豆苗)の炒めもん

toumyou_itame_00.jpg

豆苗(トウミョウ)というのはエンドウ豆の芽。

toumyou_itame_01.jpg

以前から『食遊市場』等でちらほらみかけており、
食ってみたら美味かったので、今ではそれなりに
我が家の定番食材となっている。
歯に心地よい食感があり、栄養価も高いそうだ。

袋の底には・・・

toumyou_itame_02.jpg

こんな風に根っこがぎっちり絡み合っているので、
適当な長さで切り取って使うことになる。
(この根は再利用可能とか言うけど、ほんとかな?)

さて、炒めもんの材料一式

toumyou_itame_03.jpg

豆苗とニンニクと油と中華スープの素。

炒め物のオイルは、最近はピーナッツオイルを使っている。
香りよくさっぱりと仕上がる感じがする。

中華スープはYOUKIの「超級味玉」というのを使っている。
この中華スープの素はMSG無添加というのがウリで、
かつて新聞広告で知ったときに是非試してみたくなり、
東京や横浜に遊びに行ったときに探してみても・・・ない。
仕方がないのでメーカーに直接電話して取り扱い店舗を
尋ねてみれば、銀座とか東京の中心部には無い!!!!
メーカー直販の通販はあったが、送料が高い!!!!!
そんなこんなでやがて失念していたところ、Amazonの
通販にあるのを発見して購入。Amazonって本だけだと
思っていたのだが、食品も扱ってたのね。

調理は炒めるだけだ。だって炒めもんなんやから。

中華鍋でもフライパンでもいいから油を熱し、
ニンニクを入れて香りが出たら豆苗を投入。

そこへ、これがポイントと思われるのだが、
熱いお湯に溶かしたスープを入れてすぐに蓋をする。

これは何をしているのかというと、
豆苗に一気に火を通そうとしているのである。
鍋肌の接触面だけの加熱ではもたもたぐずぐずしてしまい、
結果として火の通し過ぎになってしまう気がする。
その点、油が多いと、熱い油を全体に巡らせることで
一気に万遍なく加熱出来ようが、油は減量の方向で。
そこで熱いスープを注ぐことで激しく沸き上がった蒸気に
より一気に、且つ均一に豆苗に火を通すのである。

適宜の時点で蓋を開けたら塩加減して完成。

重要なのはスープの量。
出来上がりに皿の底がびたびたになるようでは多すぎで、
寧ろ少なすぎるくらいがいいようだ。
もっとも、豆苗は水を吸ってふやけてしまうような食材
ではないようで、スープが多すぎてばしゃばしゃしてても、
案外食感はいいから、さほど気にすることもないようである。


ところで、こういう青菜系の炒めもんって、外で食べたら
なんであんなに高いの?????かなり不満!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

私も豆苗大好きです!安いし美味しいし。鍋にも欠かせません。
豆苗や空芯菜の炒め物って大好きです~
確かに!外で食べると高いですよね(--#) おうちごはんに限ります。
私はシンプルに、ニンニク&塩コショウで、またはオイスターソースで炒めることが多いです。
なぜだかいつも、政さんの写真をみたら食べたくなってしまいます・・・
また豆苗を買ってこねば。

豆苗

豆苗炒め美味しいですよね。
たまに作ります。

私は再生実験しましたが、
長さは不揃いながらも、原型の1/3くらいの量が収穫できました。

因みに再生を諦めて、
根っこの豆も炒めても美味しいものですよ。

軽い味付けの炒め物にはピーナッツオイルは合いますよね。

>うさみみさん
空芯菜って、結構お高いですよね。
僕は腐乳で炒めたのが好きです。

>ちょろりさん
再生実験をなさいましたか。
1/3?ふ~む、微妙ですな。
汁の浮き実くらいにはなりそうですね。

根っ子の豆を食べるという発想はありませんでした。
美味いんですか?今度試してみましょう。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク