パローレ旋風!!

非料理ネタの連発ですが、
先日、CATVで"KILLBILL"を観て以来、
我が家では「パローレ旋風」が吹き荒れています。

「パローレ」というのは、言うまでもなく、
70年代にヒットしたフレンチポップだが、
ま、原題は"PALORES PALORES" なのだが、
どうして映画『キルビル』からパローレなのか?

キルビルの終わりに梶芽衣子の『恨み節』が流れていた。
梶芽衣子といえば『女囚さそり701号』である。梶芽衣子は
僕よりも一回り上の世代のアイドルだが、20代の頃にTVの
深夜映画で『女囚さそり』シリーズを観て以来、もうすっかり
僕はさそりの虜になってしまった。
で、『女囚さそり』シリーズの中に、田村正和と細川俊之が
競演している問題作があり、細川俊之といえば『むしまるQ』
だよな、聞きたいなぁ~ネットに転がってへんかなぁ~と
探していたら、発見してしまったのが"PALORESPALORES"の
日本語ヴァージョンの『あまい囁き』で、歌は中村晃子なんだが
ささやきが細川俊之!!

ヤバイです。ほんとアブナイです。強烈すぎます。
妻もきゃぁきゃぁ言ってます

以来、我が家ではパローレ旋風が吹き荒れているのです。

さて、"PALORES PALORES" にはイタリアのMINAとフランスの
DALIDAと、そして日本語のがあるが、女声ヴォーカルの好み
からはダリダが最強ですな。
でも、男の絡み具合から総合的にはイタリア語のやつ。
アランドロンの声は流れてしまう。
日本語版の中村晃子は若すぎますな。
MINA、DALIDAとは貫禄が違いすぎる。
でも、細川俊之は神です。異次元の存在。

で、たぶん子供時代の記憶の奥底にこびりついていたのは
ダリダ&アランドロンのフランス語版だろう。
ヒットしていたのは知っていたようだが、日本語版の存在は
知らなかった。ま、子供でしたからね。
誰か日本語版で新録音をする歌手はいないのか?
若いのは不可。女も男も40代がええな。


それにしても、今やネットには、たぶん10年前には欲しくても
入手困難・不可能な音楽・映像が溢れているのには驚いた。
存在すら知ることが出来なかったであろう映像の数々。
一時期はまっていた Mylene FARMER やJEANNE MAS なんかは
フランスのvarieteだからあっても不思議ではないが、トルコの
YONCA EVCIMIK や NAZAN ONCEL が動いているし、アゼルバイ
ジャン出身のジャズピアニスト AZIZA の映像もあったし・・・
なんか凄いことになっている。
以前は輸入CD屋にあるかないか?だけが全てだったのが、
いまや何でもかんでもネット検索でイッパツ。
検索言語を英語にしたら更に情報は拡大し、つーか、ネットの
公用語は英語なんだから、今の時代、英語に堪能でないことは
確実に人生を損しているという他はないなと、猛省する。

かなり長い間、もう音楽はグールドのバッハだけでいいやと
確信していたのですが、ちょっと蘇ってしまいそうです。

映画なんかでも、Eric ROHMER のDVDがぼこぼこ出ているのね。
仏語を勉強し直そうかいな?

なんか一気に回春してしまいそうです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク