芦ノ湖畔ピザ屋発 平安鎌倉古道経由 三島市街

妻も僕も長らく山歩きをしていなかったので、
久しぶりにちょっと歩いた。ま、軽ウォーキングレベルですが。

図書館で投票をすませた後、三島駅からバスで元箱根港へ。
腹が減ってはナントヤラ・・・ということで、4月に出来たという
ピザ屋で腹ごしらえ。

大きく取られた窓からは芦ノ湖の湖面がよく見える。

kamakurakodo_2007_01.jpg

ランチタイムは11時から。
我々は11時丁度くらいに入ったのだが、すぐに席はいっぱいに。

前菜っぽいのと、水牛モツァレラのピザとドルチェを食った。
味はまずまずだが、安くはない。
それでも、芦ノ湖畔で食事処を探すなら良い選択肢だと思う。
混むのもわかる。

芦ノ湖畔を後にして、山歩きスタート。
今回は久しぶりと言うことで、下り主体のコースを行く。
湖畔の旧東海道の杉並木から

kamakurakodo_2007_02.jpg

関所跡を通り抜け、
石畳の坂を登って

kamakurakodo_2007_03.jpg

国道1号線に出る。
こっから先がうっとぉしぃ車道脇がしばらく続く。

箱根峠のバス停、公衆WCを通り過ぎたらゴルフ場の方へ右折。
ちょっと進むと旧東海道の続きの取っつきがあるが、

kamakurakodo_2007_04.jpg

今回もパス。つーか、たぶん永遠にパス。

我々が歩きたいのは更に旧い東海道である。
道はやがて別荘地へと至り、平安鎌倉古道の取っつきに到達。
誰が建てたか案内板。

kamakurakodo_2007_05.jpg

はじめてきたときはこんなものはなく、読みにくい石の道標
だけだったのだが。

古道は殆どがこんな感じ。

kamakurakodo_2007_06.jpg

結構明瞭なんだが、殆ど歩かれていないようで、足跡はなし。
延々とヒグラシの鳴き声が続く。

ところで、古道に入ったところから「ジ、ジ・・・」とも
「グェグェ・・・」とも聞こえる謎の声が樹上から聞こえていて、
僕はそれが何の声なのか気になっていた。鳥にしては姿が見えぬ。
不審がっていると足元からその謎の音声が!
「うおぉぉっ!」と草をかき分けて探すと、声の主発見!!!!

はい。交尾中のヒグラシでした。
ヒグラシ♂がパローレパローレの真っ最中だった模様。
ちょっと悪いことをした、かな。

林道2本を横断して、古道はやがて「扇平」という開けた場所に出る。
ここは桜の名所ということで、桜の季節にきたこともあったが、
あまりにも雑草がぼうぼうに過ぎて桜が泣いているって感じ。
だいたい、アナウンスもされていないようだし。
過去数回、扇平でも鎌倉古道でも他のハイカーに出遭ったことはない。

妻が藪こぎを嫌うので、扇平を左へ迂回し、ゴルフ場の外周に沿った
舗装道路に出る。舗装道路に出たら山歩きは終わったも同じ。
途中で雑木林内の古道へ復帰するも、元山中集落に出てしまえば、
そこから先は整備された普通の道だ。
途中で沢地方面に抜けるルートもあるのだが、妻に却下された。
ま、雨の感じからは正解だったわけですがね。

ところで、元山中集落から雨が降り出し、やがて土砂降りに。
妻は傘を持っていたが、おいらはびとびと。。
それでも街まで下りてきたらすっかり雨は上がっていたのだから
かなわん。

カシミールによれば、総歩行距離は約16km。所要時間は4時間半。
ぼちぼちですな。
芦ノ湖から歩きで帰ってきたということにはちょっと感動した。

オマケ

芦ノ湖畔で見た標識

kamakurakodo_2007_07.jpg

なかなか秀逸ではないか!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク