毛馬胡瓜

先日戴いた水なすの漬けもんには、一緒に胡瓜が漬かっていた。

kemakyu~ri_01.jpg

この白っぽい胡瓜、なにわの伝統野菜で「毛馬胡瓜(けまきゅうり)」と
いうらしい。詳細が知りたい方はご自分でネット検索していただくとして、
この毛馬胡瓜、全然知らなかった。
そもそも、こんな白い色調の胡瓜自体が今や珍しいのではないか。

現在、普通に見かける胡瓜といえば、どれもこれも同じような深い緑の
色調で、まっすぐで、太さも長さも似たり寄ったりのものばかり。
つまらん。
味もそれなり。キューリだね。そうだね。でオシマイ。
そんなのがスーパーで1本100円近くすることもあるのだから、もう、許し難い。買う気がしない。

だから偶にJAの直売や『村の駅』なんかで、曲がっていたり、白っぽかったり、
イボイボ・ゴツゴツしているものを見かけると嬉しくなって買ってしまう。
勿論、見た目や珍しさは味・内容を保証するものではあるまいが、画一化された
凡庸な作物に対するささやかな異議申し立てとして買わずにはおれない。
なぁ~んてね。実際、安くて美味いから買うのだが。

さて、この毛馬胡瓜の漬けもん。

kemakyu~ri_00.jpg

みずみずしくてつやつやしててぱりぱりしてて美味い。

でもこれは、毛馬胡瓜と漬物屋と、
そして我が家に贈って下さった方がエライのであって、
僕の手柄ではない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

政さん、こんにちは。
今回のエントリーには関係のない話で恐縮なのですが、御教示願えれば幸いです。

政さんはダッチオーブンの調理をたまにされていますが、
「金気が気になる」との指摘も以前にありました。
私も鍋でのオーブン料理を色々やってみたいのですが、
ダッチオーブン、フレンチオーブン(ルクルーゼなど)、南部鉄器のオーブンなどがありますね。
ルクルーゼあたりが応用範囲が広いでしょうか?
鶏の炊き込み飯とかローストチキンなんかを作りたいのです。

ちょろりさん、こんにちは。

僕は(キッチン向けの)ダッチオーブンとルクルーゼの両方を
使っていますが、どちらかひとつだけ選べといわれれば、
ズバリ!ルクルーゼを選びます。

先に入手したのはダッチオーブンですが、煮込み料理に使うと、
やはり金気が気になりました。
が、ルクルーゼを使い出して不満は解消されました。
又、ルクルーゼの蓋のつまみはプラスティックの様に見えますが、
耐熱温度は230℃もあるそうで、蓋をしたままオーブンに丸ごと
放り込んで蒸し焼き料理にも使えます。
炊き込み御飯にも最適だと思います。日常のに焚き物にも好適。
ただ、琺瑯ですから焦げ付きには弱いです。強火料理にも不向き。
使っているうちにどうしても汚れてきます。
それなりの手入れが必要です。

他方、ダッチオーブンは頑丈です。ガンガン強火が使えます。
焦げ付いたら金属たわしでこするだけですしね。
だから汁気を伴わない加熱調理には向いていると思います。
ルクルーゼ購入以降、ダッチオーブンでは主に焼き芋や焼き栗を
作っています。

尚、両方に共通する欠点としては、コンロの火加減に対するレス
ポンスの遅さを指摘することが出来ます。

南部鉄器はダッチオーブンと同様ではないでしょうか。

オマケの話として、スキレット(鋳物フライパン)について。
これは焼く料理には最強です。
肉の焼け方なんか、ほれぼれしてしまいます。
餃子の焼け具合も最高です。

こんな感じですが、如何でしょうか?

ところで、僕は久慈砂鉄のすき焼き鍋が欲しくて欲しくて
たまらんのですが、買うとまた妻に何か言われそうで、なかなか・・・


ふーむ、ふーむ、なるほど~。
大変参考になります。
有難うございました。

まずは、ルクルーゼですね。
私はニオイはかなり気になるので、
かおりは最重要事項の1つなのです。
煮込み、炊き込み、蒸し焼きが適していれば料理は楽しくなりますね。
キャベツのブレゼも作れる!(ビールに合う美味いつまみをあれこれ考えたときにこれが最強かと思います)

ダッチオーブンはキャンプ熱が高まったときに勢いで買うことにします(笑。


久慈砂鉄のすき焼き鍋。いいですね~。すき焼きは鉄鍋に限ると思います。

久慈といえば、あまり有名ではありませんが、「小久慈焼き」の器も素敵です。特に白っぽい「シロ」と呼ばれる焼き物は美しいです(値段も安くてよろしい)。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク