再訪 『村の駅』

 大場の『コーエー』で買い物+『まるい』でつけ麺のついでに『村の駅』を再訪してみた。 
 結論から言えば、やはり我が家には野菜売り場以外は基本的に用はなさそうだ。
 今日はイチゴがいっぱいあった。これはよい。今の季節、伊豆はイチゴ盛りである。伊豆はイチゴの国だ。あちこちでイチゴが栽培され、イチゴ狩りも方々にある。それから原木椎茸があった。これは購入した。美味いから。
 だが、品揃えに関して疑問もある。他府県の野菜が売られていたのだ。鮮魚にも同様のことがいえる。もっとも、生鮮食品の購買層は観光客ではなくて近隣住人であろうから、生鮮食料品店としては他所から品物を集めるのもありかなとは思う。せやけど、観光客的視点からは、何故伊豆の地で他所から運んできたものを見せられなあかんのかがわからん。伊豆の旅館でベニズワイを食わさせるみたいでしらける。なけりゃ無理にそろえることもなかろうに。
 土産の菓子類はぱっとしないが、静岡市の望月茶飴本舗の『やぶきた羊羹』だけは別だ。
yabukitayo-kan.jpg

茶の国静岡ということで、茶入りの羊羹は色々ある。これは一口サイズだが僕が試した類品の中では一番美味いと思う。静岡市に出かけたときにしか買えなかったが、こちらで買えるのはめでたい。

 今日は富士山丸見えの晴天であったので、大場川畔を徒歩で帰宅した。
daibagawa01.jpg
富士山の眺望が春先とは思えぬほどに素晴らしかったのに加え、南アルプスが見えるということに初めて気がついた。大場川の土手には土筆がにょきにょきと鎌で刈って束ねて売れるくらいに生えていた。お水取りも終わったことやし、すっかり春やね。

 今日は珍しいものを見た。
大場川には鯉がいて、人影を見るとすぅ~と寄ってきてにゅぅ~と顔を出して餌をねだる。
daibagawa02.jpg
その様子が面白くて、立ち止まってみてしまうが、ふとみると鯉の横に亀・・・?
ひらべったい甲羅、長い首。あああっ!スッポンや!!!!
大場川でナマズを見たことはあったが、スッポンを見たのは初めてであった。
ケータイではちゃんと撮れていなかった。無念である。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク