生しらすを求めて・・・

伊豆半島の付け根に住んで5年が過ぎたが、当地の食いもんの中で
最も気に入ったもののひとつであるのが生しらす。
というわけで、最近、急に「生しらすが食いたい病」に罹患してしまい、
居ても立ってもいられず、とうとう週末は由比に出かけた。

由比~蒲原のあたりはサクラエビの他にシラス漁も盛んということなので、
ひょっとしたら生しらすが入荷している魚屋があるかもしれんと思ったからだが、
さっぱりわやであった。
しかし、まぁ、落ち着いて考えてみれば、サクラエビ漁の間は、主力はサクラエビ
なのだろうから、生しらすにありつける確率は低くて当然か。
と、なんとか無理矢理に納得しておいて、生しらすの代わりにイワシの削り節を
新蒲原のイワシ節業者で購入。

iwasi_kezuri_02.jpg

イワシ節は鰹節よりも味が濃くて、鰹節と上手に使い分けると家庭料理の
世界が豊かになる。

もはや用はないので帰ろうと新蒲原の駅で電車を待つも、果たして電車は来ず。
なぁ~んか、人身事故ったそうで、いつ来るかわからんとのこと。
いつ来るかも判らん電車を待つのは馬鹿馬鹿しいので、えいやっと富士まで歩く。
結局、図らずも由比から富士まで東海道ウォーキングをするはめになった。

途中、富士川の橋を渡るときに、三島とは違う富士山の眺めに感激し、
カメラを持って来なかったことを後悔した。


で、昨日のことだが、ちょっと沼津に行った帰りにイトーヨーカドーの地下の
独立店舗である魚屋を覗くと生しらす発見!!!!
静浦産で1匹1匹がくっきりと大きく美味そうなので購入したのがこれ。

namashirasu_20070530_01.jpg

生しらすに関してはその大きさにも色々とこだわりがあるようで、或る魚屋の
大将はスーパーに出ているようなのは細かすぎて駄目で、納得のいく大きさで
ないと仕入れないと言っていた。
確かに、今まで外で食った美味い生しらすといえば、鮮度がいいのは当然だが、
その大きさもスーパーで買ってくるようなものよりずっと大きかった。

まぁ、大きすぎる、というか育ちすぎてもだめなんだろうが。
というのは、こんなふうに

namashirasu_20070530_02.jpg

変態が進んで腹腔内に内臓が形成されて色素が沈着して来たらヤバイのだろう。
こんなのが大量に混じっていたら、さすがに生臭くなりそうだ。

というわけで、生しらすは御飯に乗せて食うのが一番。

namashirasu_20070530_00.jpg

やっぱ夜になると、若干あれなんだが、
それでもしらすでも魚体の大きいのは劣化が遅いのか、
いままで家で食った中では最高ランクの生しらすだった。

それでもまだまだ病は癒えたわけではなさそうなので、
サクラエビが終わった頃、再び由比蒲原に突撃するつもり。
クーラーボックス持参で。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お魚料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

生しらす…食べたい。

しかしこういった小さなものの大群を、
がば~っと食べるのには独特の喜びがありますね。

はじめまして。
いつも楽しく拝見してます♪
生シラス!いいですね~。
食べたい・・・けどウチから由比までは遠すぎ。。。
業者なんかに配達してもらっても、冷凍品になっちゃうんでしょうね~。

今年の春、生しらすの美味さを知りました。

もっと早く知っておけば…と思いました。

>ちょろり様

「たたみいわし」なんかも壮観ですよね。壮絶とも言えますが。

>ぢゅん様

コメントを有り難うございます。
生しらすに関しては、僕は解凍モノにおカネを出すのは嫌です。
先日、某婦人雑誌系の通販カタログにも載っていた冷凍ものは
写真自体からしてさっぱりで、よくもまぁ、こんな写真が通った
ものだと思わざるを得ないものでした。
しかし鎌倉湘南~伊豆、駿河、遠州と、結構広く生しらすは
食べられているようだし、更には宮崎なんかのちりめんじゃこも
関西では人気なので、ということは現地では生しらすも食べられて
いそうだし、実は結構食べる機会はあるのではないかと思っています。
とにかく、食いもんは最初が肝心。確実なものを食べましょう。

>&oh様

世の中にはまだまだ美味いものがいっぱいあるんでしょうね。
我々は一生涯中に幾つ知ることが出来るのでしょうか。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク