エビマヨ

エビマヨを発明した人は偉大だと思う。

honebi_ebimayo.jpg

僕がはじめてエビマヨを食べたのは、まだ実家にいた頃、
大阪のリッツ・カールトンの『香桃』でのことだった。
最初はマヨネーズを使ってしまう大胆さにびっくりした。
だってマヨネーズですぜ?
高級中華にマヨネーズってのがなんともアンバランスな
気がして、ちょっと拒絶感。でも、食ってみりゃ美味い!
やられた!

だけど、実は外ではあまり食っていない。
だって、今じゃすっかり家庭料理。
レシピは大公開され、既製品の中華合わせ調味料だってある。
だから、今となってはあんまり外では食いたいとは思えん。

まぁ、マヨネーズだってピンキリで、高級店じゃ自家製で
作ってるのかもしれんし、第一、エビだってピンキリで、
料理人の腕だってピンキリなんだから、出来上がったエビ
マヨだってピンキリに決まってるんだが、それでもあまり
御馳走感が無い。

つー訳で、久しぶりに作ったエビマヨ。
エビは例の駿河湾の深海エビである「ホンエビ」を使用。
レシピはネットで幾らでも手にはいるので省略。
ネット上に新たなコピペを増やしてもしゃぁ~ないやろ。

ただ、思うことを少々・・・

エビには卵白を絡めて、片栗粉をまぶすが、黄味が余る。
だから、黄味はマヨネーズに混ぜてしまう。

有名手法だが、やはりマヨネーズにはジンを混ぜると美味い。

今回はカシューナッツをオーブンでローストしたのをトッピング
したのだが、カシューナッツではバランス的に弱かった。

さっきネット上で「紅南乳」を混ぜる方法を見かけた。
これは美味いかもしれん!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

紅南乳!

おにぎりのお遣いを頼むとき、リクエストを聞かれると「マヨネーズを使ったものでなければなんでもいい」と答えるわたくしです。なので基本的にはエビマヨよりはエビチリが好きですが、マヨネーズに紅南乳を混ぜるというのには大変驚きました。実は紅南乳を使った料理は一つしか知らないもので(^^;
ちょっと中華っぽい組み合わせの日にサラダにはいつも中華風のドレッシングを使ってましたが、マヨに紅南乳を入れてドレッシングなんてのも結構良いかも知れません。いやー、またヒントをいただきありがとうございます(笑

紅南乳~

僕も紅南乳は青菜の炒め物くらいにしか使わないんですよ。
エビマヨのマヨネーズに混ぜるというのは、ホント凄いアイデアです。
ネットで時々こういうレシピを見ると唸ってしまいます。
って、まだ試してませんが・・・
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク