チンゲンサイと椎茸の炒めもの(『よくわかる中国料理基礎の基礎』より)

chingen_shiitake_itame_00.jpg

最近購入した料理書

chuugokuryourikiso.jpg

『よくわかる中国料理基礎の基礎』
(吉岡勝美著 柴田書店)を参考に。



この料理書は中国料理の地方毎の特色の概説から
始まり、包丁の使い方、鍋の振り方から有名料理は
当然のこと、点心、麺類まで網羅している。

基本的調理技法、とりわけ加熱調理(煎、炒、炸、蒸・・・)
毎の詳細な説明と調理例が豊富なのが使える。
特筆すべきは失敗例とその原因が解説されていること。
こういうのってなかなか無いような気がする。

一応プロ向けの教科書として編纂されたようだが、
家庭向けにも十分に懇切丁寧だと思われる。
料理書において重要なのは詳細な解説であろう。勿論、
それを実際の調理において実現させるというのは、また
別の問題であり、能力・修練という個人的問題だろう。
また、プロ向けの料理書を手にすれば、直ちに家庭でも
プロ並みの料理が作れる訳ではないのは指摘するのも
あほらしいほどに当然のことだ。しかし、知識・情報さえ
手に入れば解決する問題や実現できる事項は幾らでも
存するのである。

まぁ、なんしか、美味そうな料理の写真がいっぱい
載ってて、解説が詳細で、見てたら作りたくなり、
作れるような気がしてくるというだけでもええの。
ちょっと高いけど買う値打ちがあった。

難しいものは難しいままで出来るようになるのが喜び。
所詮は家庭料理であるから、他愛なく気楽に。
人様からお代を頂戴するわけではない。

というわけで「チンゲンサイと椎茸の炒めもの」。

chingen_shiitake_itame_01.jpg

詳細な作り方は、同書の丸写しになるので止めるが、
「炒めもの」と言っても

chingen_shiitake_itame_02.jpg

「スープで炊いてから炒める」というのが目から鱗的。
ピーナツオイルを使うのというのもいい感じ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク