塩うに(「海産珍味は家で食え!!」)

先日、横浜の高島屋の九州物産展で購入した塩ウニを
ちびちび食っている。

shiouni_01.jpg

妻も僕もこういう海産珍味の類が好きで、時々購入する。
酒が無くても大丈夫。飯に乗せて食うから。

やはり塩雲丹で美味いものは、原材料が雲丹と塩だけの
ものなのだが、それなりに値が張る。日持ちもしないし。

shiouni_02.jpg

しかし、こういうものでないと買う値打ちはない。

それにしても「珍味」の類というものは、それが「珍味」と
いうだけの一事を以て結構なお値段がつけられているように
感じることも多かった。
特に、外食なんかではそうだ。
 コノワタ、カラスミ、バチコ、ウニ、ウルカ・・・
まぁ、おまかせで出てくる中に予め含まれているなら格別、
よく知らない居酒屋・一品料理屋のお品書きに載っていても
単品で注文するのは冒険であろう。

躊躇するのは何も値段だけの問題ではない。
何よりも重大なのは、その値段に見合うだけの質のものが
出てくるのか?ということである。

生臭いコノワタ、塩辛いだけのカラスミ・・・何これ?

珍味の類は、それが世間で「珍味」といわれているだけで、
その質を問題にせず、高い値がつけられているということが
多分にあった気がしてならぬ。

そういうこともあって、海産珍味の類は原則として家で
しか食わないし、それで必要にして十分である。
今ならネット通販で色々お取り寄せも出来るのだから、
尚更「海産珍味は家で食え!!」となる。
超一流飲食店にしか回らないようなものは食えないだろうが、
どうしようもないものに高いお代を払うことはなくなる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美味なるもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

確かに“よく知らない居酒屋・一品料理屋”でこのようなものを頼むのは危険ですね。かといってこういう“珍味の類が全て良い店”となると全てにおいてお高くつくので(^^;我が家は家で食べるのが基本です。(先日も家で消費するお酒の買出しに行ったら店員に「どちらかお店ですか?」と笑顔で聞かれた。)
久々にうるかが食べたいです。

いまや、様々な食情報が容易に手に入り、
ネット通販を駆使すれば、素人でも上物の
素材・酒・加工品…が手に入る時代ですからね。
家で飲み食いできるようなものには、
外食においては殆ど値打ちを感じません。
料理屋に酒の品揃えを自慢されても仕方ないです
ものね。

うるかですか?
確かうちの冷凍庫(食材墓場)に子うるかと白うるかが…
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク