「牛ハツの刺身」と「太湖豚の豚しゃぶ」

沼津の牛山で買ってきた「牛ハツの刺身」。

gyuu_hatsu_sashi_01.jpg

牛の心臓の刺身を食うのは初めてである。
心臓といえば血液ポンプなので、新鮮でなければ血生臭くて
不味かろうが、あの店が売っているのだから間違いなかろうと
買ってみた。

gyuu_hatsu_sashi_00.jpg

ニンニク醤油で食ったらこれが美味い!たまらん!やられた!!
筋繊維を歯でかみ切る際の適度な歯ごたえとかすかな血の香り。
いかにも「肉っ!!」を食ってるっ感じで、正に「肉!刺し!!」
ええもん食わしてもらいました。また食いたし。


それから「太湖豚」。

taifu~ton_01.jpg

「太湖豚」と書いて「タイフートン」と読むそうなのだが、
見ての通り脂身が凄い!

だが、この脂身が美味いのである。
店では予めしゃぶしゃぶ用に超薄切で売っている。
ということは、しゃぶしゃぶが推薦の食い方なのである。

しゃぶしゃぶの方法には色々あるだろうが、こんな風に

taifu~ton_02.jpg

予め大鍋に大量の白菜と細切りの大根をスープで柔らかく
煮込んでおいたのでシャブシャブして食うと美味い。
野菜もたくさん食える。

taifu~ton_03.jpg

脂身がうっすら透き通って柔らかくなったら食べ頃である。
脂も程よく抜ける。

薬味の葱とポン酢醤油でイザ!

taifu~ton_00.jpg

はっきり言って、僕は豚の脂身が好きではない。
嫌な臭いのものが多いから。(鶏にも臭いのが多いな)
しかも僕の腹はこってりした食い物に弱い。こってり豚骨
ラーメンなんかを昼に食べたら、晩飯は食いたくない程に
腹が油に弱いのだが、この太湖豚のしゃぶしゃぶは別だ。
脂身の味も香りも素晴らしく、しかも胃も大丈夫なのである。

こういうものが容易に手に入る点、当地の生活には結構
満足している。
まぁ、ハツ刺しも太湖豚も、外で食う必要はないな。
手に入りさえすれば家で食う方がええ。
「美味いもんは家で食え!!!!」ってことやな。

酒は秋田土産の純米にごり生酒『ど』(白瀑 山本合名会社)

junmai_nigori_do.jpg

沈殿が多く、混ぜるとかなりどろりとする。
味はちょっと微発泡の辛口であった。
もうすこし甘口の方が好みだが、これはこれで美味。


尚、太湖豚しゃぶしゃぶの後には脂が大量に浮く。
それを鍋ごと冷やしてラードを採るといい。
固まったのを取り出して、もう一度大量の湯で溶かして
不純物を流して、今一度鍋ごと冷やすと綺麗なラードになる。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

出汁は?

白菜と大根は昆布出汁かなにかでたくのでしょうか?

そうです

はい。出し汁・スープで炊きます。
今回は大らかに固形スープと塩でうっすらと
味をつけたので白菜と大根を炊いておきました。

あ・・・

当ブログにてこの豚しゃぶのやりかたをどーんと載せてみました(笑)(迷惑ならその旨ご連絡ください。。。)

でも、今気づきました・・・ネギかけるの忘れてた・・・(^^;

お~

試してくれはりましたか。
お気に召されたようでなによりです。
ふふふ。
実は薬味に辛味大根のすり下ろしも使っていたのですが、
食い始めたら写真を撮るのはどうでもよくなるんですなぁ。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク