会津若松の和菓子(「会津の関西人」最終回)

会津若松は歴史のある城下町だそうで、
ということは、老舗の菓子屋も多いらしく、
それが今回の行楽でも楽しみのひとつだった。

僕は洋菓子と和菓子なら、和菓子党で、
そのなかでも餡のお菓子が大好きなのである。
だが、当地では和菓子には大いに不満がある。
だから、若松では美味い和菓子が買えるのでは
ないかと期待していたのである。

ということで、会津若松で買ってきた和菓子色々・・・

1.『会津葵』

若松城の城門前に店を構える老舗。

買い求めた中では特に季節限定だという
「旅愁」という栗蒸し羊羹が美味だった。

aiduaoi_kurimusi.jpg

石川の「月よみ山路」も美味いが、こちらの方が柔らかい。
んで、こちらの方がいいお値段だが、値段の差だけはある。

それから「葵餅」というくるみいりのゆべしも美味い。

aiduaoi_aoimochi.jpg



「小坊師」という菓子には、
中に本物の小坊師がひとつ入っていた。

aiduaoi_kobousi.jpg

これは平たく言えば赤と白の餡玉なのだが、
材料に大納言と白小豆を使っているというから、
上等の餡玉である。


参考写真として、
我が家の冷蔵庫から備中白小豆と丹波大納言を載せます。

aduki.jpg

白小豆からはきめの細かい白餡が作れます。
う~む・・・
久しぶりに作りたくなってきたぜ!!




2.『本家長門屋』

先の『会津葵』が「上菓子司」を名乗っているのに対し、
こちらは「会津駄菓子」がうりで、原材料にこだわりが
あるそうな。

honkenagatoya.jpg

確かに、どれも素直でストレートな美味しさがある。

honkenagatoya_toriame.jpg

愛らしい形状の「とり飴」


これは「香木実(かぐのきのみ)」といって、看板商品らしい。

honkenagatoya_kagunokinomi.jpg

平たくいえば、芯にくるみが入っている餡玉みたいなものだ。
美味。煎茶を呼ぶ味。



3. 『松本屋』

東山温泉の羊羹の老舗。
名物の水羊羹には、遠距離持ち帰り用に保冷剤を仕込んだ
発泡スチロール製の箱入りのものがあった。

matsumotoya.jpg

素直な味でうまい。
小豆の炊き加減が少々固い気もするが、主義主張であろうか?
尚、栞によれば小豆は会津産だそうな。何でもかんでも丹波
大納言だ、なんたらかんたらと使いたがっていいたがる向きも
あるが、会津の老舗羊羹屋らしくて実によい。

他、「湯の花羊羹」というスティツクタイプの練り羊羹等
(これは帰りの列車中で食ってしまった)


4.『五郎兵衛飴』

gorobee_01.jpg

もう800年以上前から飴を作っているということだから、
会津若松どころか、日本の老舗中でも大御所という感じか?
扱っているのは看板商品の「五郎兵衛飴」と、この飴を
使った最中と、それから水飴だけらしい。
若松のあちこちで買えるようだったが、本店に立ち寄る暇が
なかったのが残念。

帰宅して、箱を開けてみて感激した。

gorobee_02.jpg

あの、あの、あの忌々しい脱酸素剤入り完全気密パック
ではないのだ!!!
まぁ、本来的に日持ちのする菓子らしいのだが、これは
気分がよい。


個別包装の紙包みを解くと、いきなりオブラートに包まれた
五郎兵衛飴本体が登場。

gorobee_03.jpg

味は麦芽水飴ストレートど真ん中である。

袋菓子の「寒天ゼリー」の味が麦芽水飴って感じの菓子。
似た味のものとして金沢の「じろ飴」を想起した。

美味。たまらんほど好みの味。



***

他にチラホラと購入した酒や食い物もあるが、それはまた
他に機会に・・・

と、いうわけで、延々と引っ張ってまいりました
「会津の関西人」もとりあえず、マジでこれにて終了。

今年は世界的にも暖冬ということで、真っ白な雪景色を
期待していた我々にはちょっとだけ残念な南東北旅行
ではあったのだが、当blogのネタとするべく想起して
みれば、なかなかに充実したものでありました。

これから先、会津方面へ旅行なさる御仁の参考になれば
望外の喜びであります。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク