会津で食ったもの1 「こづゆ」

旅行先では、その土地のものを食いたいと思うのだが、
ちょっと奢って高級旅館に泊まってみれば、下手すりゃ
(京風)「懐石」を食わされかねない。
なんで他所で京風懐石風料理を食わされなならんのか
わからんのやけど、どこでも上等の和食となると、
関西風というか、京風の懐石風料理ということになって
いるらしい。

その上、更に、

TVの旅とグルメのお気楽番組なんかを観ておりますと、
いまでは更に大抵どこの土地にも「ご当地牛」があって、
霜降りでとろけて、これが絶品!でいけるんです!!
その上、女性は浴衣を自由に選べます!!!

・・・まぁ、好みの問題ではありますが・・・

せやから旅行行楽物見遊山で他所に行くときには、
シティホテルに素泊まりして、街の料理屋で好きな
もんを食うのが基本やと思っている。

もっとも、今回宿泊した東山温泉の老舗旅館のように、
ご当地の食材と伝統的な調理法にこだわっている宿は、
それこそ願ったり叶ったりである。

その宿も含めて、今回の会津方面温泉旅行は、
会津の郷土食に恵まれた結構な温泉旅行でありました。

食ったものをご紹介。

1. こづゆ

「こづゆ」は、具たくさんのお吸い物という感じだった。
干し貝柱の出汁で、薄味で美味い。

旅行中に3回、この「こづゆ」を食う機会を得た。
(写真を撮ったのは個室だった2回だけだが)

koduyu_02.jpg


koduyu_01.jpg

それらに共通して言えたことは・・・

  干し貝柱でとっただし汁を使う。

  具材に生臭物は入らない。
  豆麩(小さな焼麩)、里芋、人参、
  白い糸コンニャクが共通の具材。

  豆麩は、大豆程度の大きさの小さな麩であり、
  食いもん探検をした若松市内のどのスーパーでも
  売られていた。

mamefu.jpg

これは買ってきたもの。
当然!!!我が家でも作ってみる為である。

尚、具材の種類は奇数にするそうである。
奇数は陽数であるから、その関係であろうか?
それと、「干し貝柱」は具材に含めるのだろうか?

  汁は透明。
  味付けは塩味か、淡口醤油か?醤油っ気は感じない。

 「手塩皿」(※)という浅くて小さな漆器の椀で供される。

teshiozara.jpg

  (※)「掻敷(かいしき)」、「しる掻敷」と呼ぶこともあるそうな。

ところで、我々が体験した3例中2例では干し椎茸が入っていたが、
他方、残り1例を出してくれたところの女将さんによれば、
うちでは椎茸を入れないのがポリシーだということである。

なるほど、元来「こづゆ」は家庭における行事食・宴席料理であり、
家の数だけ種類があるそうであるから、何が正しい・正しくないと
いうものではあるまい。
だから、「こづゆ」でネット検索して、偶々出てきたレシピだけを
正しいものとして鵜呑みにすることは安易に過ぎるだろう。

ただ、検索して出てくる「帆立の貝柱で出汁をとる」旨の説明は、
「干し貝柱」と明示しなければ、生の帆立で出汁を取ると誤解する
人もいるのではないかと思うのだがどうか?
だが、郷土食の書籍を見ておりますと、出汁も干し貝柱とは限らない
みたいで(『聞き書 福島の食事』農文協)、もしかしたら・・・?

もっとも、以上は関西人の僕が勝手に思っていることなので、
もしこれをご覧になっている会津の方がいらしたら、間違い・
勘違いの指摘と訂正等、何かありましたらコメントして下さい。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

みっしり濃厚な旅行記になりましたね♪ 一番の収穫はこづゆでしたか? 干し貝柱出汁のおつゆ・・・ 食べたことないですね。 豆麩も可愛いし。 また創作料理を楽しみにしています。 白鳥に糞かけられませんでした?(かもめは怖いですよ~。 狙ってきます(涙)

R*様
なんやかんやと延々とネタを引っ張りまして、
料理・レシピ系blogの宿命??であるマンネリ
脱却のつもりが、
却ってしまりのないもんになってしまいました。

また僕のマンネリ手料理のエントリを再開します。

なつかしいこづゆ

アメリカに渡ってもう30年になります。当時は仙台に住んでいて年に2回くらいふらっと会津に訪ねと行くとこづゆ(祖母は「煮肴」と呼んでいましたが)を作ってもてなしてくれたものでした。今思うと祖母にとってはお祝いだったのですね。
祖母のこづゆはしいたけではなく木耳でした。貝柱、ニンジン、山芋、豆麩、糸こんにゃく、銀杏。7品、たしかに奇数ですね。

>マットさん
コメント有り難うございます。
木耳はよさそうですね。椎茸の風味は、それが干し椎茸の場合には尚更、
結構強いものですから、全体の味わいに対して支配的になることもよく
あります。なるほど、木耳の方が控えめで良いかもしれません。

はじめまして。
そうなんです。こづゆはあくまで薄味の干し貝柱のダシだけでいただくのがいいと思うんですが、椎茸はちょっと強すぎて。でも人それぞれですからね^^。

>マットさん
控えめなようでいて、実は押しの強い食べ物ってありますよね。
例えば、米せんべい、あられの類なんか。
あれは旅客車両の中で誰かが食べると一発でわかりますな。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク