大根の炊いたん(豚バラと一緒にあっさりと)

関西名物「炊いたん」シリーズ

daikon_taitan_butabara_00_1.jpg

大根を豚バラの角切りと一緒にあっさり炊いてみた。
添えてある水菜は生だが、汁が熱いうちに沈めれば
丁度ええ加減になる。

さて、大根を何かと炊こうというに際しては、
下茹でをするかしないかの問題が生じる。
例えば、焼いた豚バラと炊いて砂糖と醤油で味付けを
しようというときには、下茹でをしない。
だが今回は、回鍋肉に使った茹で豚バラのブロックが
残っており、これを使って炊いてみようと思った。
既に柔らかく下茹でした豚バラ故、ここはあっさりと
昆布と鰹の出汁で炊くことにした。となれば、大根も
柔らかく下茹でした方が適合的と思うので、柔らかく
下茹でしたのであった(家庭料理は主義主張ですから)。

作り方は簡単で、熱くした基本の出汁に塩加減をして、
柔らかく下茹でした大根を、熱々のままで投入。
豚バラは、大根の大きさとバランスよく切り分けて、
いったん大根を下茹でした汁の中で熱くしてから、
大根の鍋へ投入。(脂落としの為)
火加減とろ火。
「炊く」というよりは、だし汁の中で泳がせる感じ。
大根も豚バラも既に柔らかい。味を馴染ませる感じで。
出汁と大根と豚バラの味が馴染んだら一度火を消す。
大根と豚バラに味をしみこませようという訳だが、
完全に冷め切ると、どうも味の調子が別の方向に
いってしまう気がするので、完全に冷まさない方が
いいと思う(これも主義主張であります)。

食べようとするときに、再び熱々に温めて、最後に
淡口醤油で味加減をして、器によそって完成。

黒胡椒の挽きたてが相性良し(主義主張)。

daikon_taitan_butabara_00_2.jpg

ん~せやけど、豚バラより牛スジで作った方がええかな?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
ご訪問とコメントありがとうございます。
昨日訪問させていただいた時にコメント残そうと思っていたのですが、
いろいろと読み込んでしまいまして関心してコメントも書けない状態でした。

しかしながら、お上品な一品でございます。
大根に豚肉の旨みが加わり、さらに美味しくいただけますね。

これからもよろしくお願いします。

>hesomaga様
はじめまして。コメントを有り難うございます。

偶にこういうのも作りたくなるのですが、
このての料理の最大の欠点は、
飯が食えるおかずになりにくいことであります。

こちらこそよろしくおねがいします。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク