ニンジンのポタージュで地産地消

ninjin_potage_00.jpg

(白磁:黒田泰蔵)

食遊市場で買ってきた三島のニンジン。

ninjin.jpg

袋入りで4kg。
ちょっと割れたり、ねじ曲がっていたりするが、味は最高。
幾らだと思います???

これがたったの150円!!!!!!

新鮮で安いこのニンジンを使ってポタージュを作りました。
特に「地産地消」をテーマに、主要材料を三島近隣で揃えてみました。

ところで、ニンジンのポタージュの作り方は色々あるが、
固形スープとか、そんなもんは入れへん方が美味い。
勿論、美味しいニンジンを探すことが肝要ですが。
また、とろみをつけるための米や小麦粉は不要です。
ニンジンをたっぷり使えばよいのです。

シンプルにいきましょう。

材料

ninjin_potage_01.jpg

三島のニンジン
オラッチェのバター
丹那牛乳

他、水と塩。

本当は水を柿田川の湧水、塩を戸田や土肥の塩にすれば完璧ですが、
残念ながら今回は・・・

作り方

1. ニンジンは皮を剥き、適当に輪切りにする。薄過ぎは不可。
2. バターで炒める。

ninjin_potage_02.jpg

バターでニンジンをじっくり炒めて水分を飛ばし、
味わいを凝縮させるのが最大のポイント。
最初は全体にパターを馴染ませたら蓋をして火を通し、
ニンジンが柔らかくなったら蓋を外して、水分を飛ばす。
焦がさないように注意。
全体がチリチリとして焼き色が付いてきたら完了。

ninjin_potage_03.jpg

カサは減ります。水分が飛んだんだから当然ですが。
この段階で試食してみて、甘さが十分にあれば、
出来上がりの美味しさは保証されたも同じであります。

3. 水をひたひたに入れて蓋をして煮る。
火加減は弱火。時間は水気が無くなるまで。

これは完全にニンジンを柔らかくするため。
牛乳で炊くのは・・・僕は嫌です。

4. 火を止めて、冷たい牛乳を適量注ぎ入れて混ぜて、
ミキサーにかける。

冷たい牛乳を入れるのは、
ミキサーにかけられるように温度を下げる意味もある。

十分にミキサーにかければ、裏ごしの必要もなく完全に
なめらかなポタージュになりますが、この点に関しては、
ミキサーの性能や、ニンジンの質の問題もあるかも。
個別具体的な状況に即して各自で対応してください。

5. 鍋に移して、牛乳で濃度を調節して、塩で味加減をする。

ninjin_potage_04.jpg

味見をしながら少しずつ。
経験上、最後の一匙、最後の一振りが余計なことが多いな。
胡椒は好みで。我が家では入れません。
とろ火で適温に温めて完成。


「脳内補正」をするまでもなく、シンプルで美味いです。

「地産地消」にかかわらずお試し下さい。

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク