松葉蟹(山陰産ズワイガニ)三昧

昨日、三島に戻りました。

しばらく、年末年始と実家で食ったもの、
買ってきたもののネタが続きそうな当blog。
定期巡回していただいている皆様に、一見さんの方々も、
どうぞ本年もよろしゅうおたの申します。

というわけで、2007年最初の更新の今回、
取り上げますのは松葉蟹、即ち山陰地方の
ズワイガニの雄を取り上げたいと思います。

年末年始に何かごっつぉ(ご馳走)を食べようと思うのは、
どこの誰でも同じだと思われるところ、
我々夫婦も帰省先の僕の実家で、
みんなで何かごっつぉを食おうということになった。
僕は伊賀上野へ伊賀牛を買いに行って、
すき焼きやら鉄板焼きやらを食おうと提案したが、
妻はいまいち乗り気ではないらしい。
では、カニならどうかと問うてみれば、
妻もそれがいいというので、
大晦日の大阪は黒門市場に突撃したのであった。

大晦日の黒門市場は、予想通り激しくヤバイ人混み。
正にお祭り状態で飛ぶように売れていくフグにカニ。
しかし・・・
我々の探しているカニは冷凍のズワイでもタラバでもない。
欲しいのは飽くまで活けのズワイガニである。
ごっつぉを食う為に年末にわざわざ黒門に足を運んだのだ。
最初から相応の出費は想定済みである。
とにかく活けのズワイでなくては意味がない。
(本当は、活けでも駄目なもんはあかんのですが・・・
活かしすぎたら身がスカスカになるそうな)

「活けのズワイ、活けのズワイ・・・」と眼光鋭く、
もみくちゃにされながら黒門のアーケードを進んでいく。
冷凍、冷凍、冷凍、冷凍・・・あかん、あかん、あかん!!!

と、ふと足元を見ると、目立たずこっそり密やかに発泡
スチロールの箱の中、手に赤いタグのあるズワイを発見!
タグを見ればほんまもん、鳥取県は境港水揚げの松葉蟹である。

matsubakani_tag.jpg

「一杯○○○○○円か・・・まぁ、そんなもんなんやろなぁ。
もうちょっと先にも活けの扱ってそうな店あるけどなぁ。
そっちも覗いてみるか・・・」

と、いちどはその店先を離れたが、全然先には進めない。
もう、これは決断の時!ということで、さっと引き返す。

幸い、まだ売れていない。

さて、こういうときには店の大将格、番頭格の店員に
声をかけて、とりあえずは価格交渉してみるのが大阪風
と思われるところ、カニ箱に一番近いのは若い兄ちゃん店員。
まぁ、混んでるからしゃあないと声をかけて
「これ2杯くれ。ええのんえらんでや!!」
と、ちょっとプレッシャーをかける。

さぁ、兄ちゃん店員が2杯を袋に入れたときだ、
見るからに番頭格のおっちゃん店員がやってきて、
「なんぼ欲しいんや?まけたるで。
  2杯てか?3杯にしとき。まけたるし。」
と、結局2杯の値段で3杯ゲットしたのであった。

こういうことがあるから対面の魚屋は好きやな。
特に黒門ではまだ駆け引きの面白さがあると思われる。

他に、フグの白子を購入。
ほくほくのえびす顔で黒門を後にしたのであった・・・

そんなこんなで、買ってきたマツバガニ3杯。

matsubakani.jpg

こんな風に食った。
1.鍋

焼カニも美味いが、鍋を囲むのは冬の醍醐味。
TVのグルメ番組的には活けのズワイの身を水で洗って
はじけさせるのはお約束だろうが、僕は海老・カニ・
貝の類は少し火を入れた方が絶対に美味いと思うので、
そういうことは家庭でする気はしない。
捌くにしても、殻を削ぐと鍋の湯の中にカニの味が
出ていく気がするので、胴体との接合部を切り離す
だけである。どうせ身をほじる手間は同じだ。

matsuba_nabe_01.jpg


カニ脚を食うにも個性があるようで・・・
僕は出してから一気食いだな。

ところで、活け蟹のカニミソは、こんな風である。

matsuba_kanimiso_01.jpg

この房状構造が活けのカニのカニミソである。
以前、何かの情報誌で、この房状構造のカニミソを見て
「これは絶対に美味いに違いない!!!」
と思い、その後、活けの伊勢エビのエビミソが同様の
房状構造を呈しているのを見て
「つまりあれは活かっているカニのカニミソなのだ!!」
と確信して以来、
活けのズワイガニを捌く機会を待っておりましたところ、
伊豆半島の付け根の当地は、活けのズワイを食うには
あまりに地の利がなさすぎたのであります。

念願叶って、このカニミソ。
鍋の中にふわふわと浮かべてゆるゆると火を通し、

matsuba_kanimiso_02.jpg

味付けポン酢で食うと・・・

matsuba_kanimiso_03.jpg

ほの甘く、風味豊で、臭みもなく、
実に、ホンマに、誠にに美味いものでありました。


2. カニミソ和え

一番大きなやつの胴体を蒸して・・・

matsuba_ae_01.jpg

甲羅の中からとりだしたカニミソで
身(腹身?)を和える。味付け不要。

matsuba_ae_02.jpg

味ですか?
問答無用です。
見た目は地味ですが、実にヤバイです。
しかし、材料費3割の法則を当てはめますと・・・
素晴らしい値段になりそうです。

3. カニミソ入り雑炊。

カニ鍋終了後、鍋の汁の味を確認すると、
ちょっと雑炊をするにはヤバイ気がしたので、
新たに昆布と鰹節で出汁を取り直して、
カニ2杯分の腹身を加えて蟹雑炊にした。

仕上げの溶き玉の後、
残しておいた活けのカニミソを流して、
蓋をして余熱で火を入れる。

matsuba_zousui.jpg

出来上がりの模様と色が、なんとなく織部っぽい?

ひと味違うカニ雑炊。

番外編

フグの白子は掃除して、

fugu_shirako_ajipon_01.jpg

鍋に入れて火を通し、味付けポン酢で食う。

fugu_shirako_ajipon_00.jpg


美味。


カニを食いたいのであれば、
ええカニを入手することさえ出来れば
家庭で食っても十分に満足できることを
確信した大晦日でありました。
「うまいもんは家で食え!」
当blogの基本コンセプトであります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございますー。

わたくしカニはそんなに好きではない(ほじるのが面倒)のですが、ミソは好きです。
カニとの少ない出会いの中での記憶は、ペースト状になっているものです。
こんなお鍋でふわふわ浮かぶカニミソ、初めて見ましたよ。
キレイですねー。 絵になります。

あ、今気づきましたが、真のカニみそとは、カニの身(肉?)とおんなじ形状なんですね。
って関係ないかなぁ。。。

えぇっ
これがカニミソ!?
しらたきだと思いました・・・
私の知っているカニミソはカニミソじゃない気がしてきました・・・雑炊がまたたまらないですね(>_<)
白子も薄いピンク色がムースみたいで見るからに美味しそう・・・

>JOHNNYmonk様

おめでとうございます。

僕は蟹をほじるのが好きなんですよ。
でも、上海蟹くらいの大きさになると・・・

活けのカニミソを目の当たりにして、
カニミソが蟹の内臓であることが強烈に印象づけられましたよ。
蒸しても練らない限り「ふさふさ構造」を保持してました。

>KIYU様

おめでとうございます。

妻は活けのカニミソがグロイといいました。

でも、味は最高たまらん美味さです。
河豚の白子も最高たまらんです。

手に入れば是非一度お試しいただきたい美味さです。

今年も「美味いものは家で食え!」で突っ走ります。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク