ヤリイカの造りといしる焼

函南のスーパー『あおき』に売ってたヤリイカ。 

yariika_01.jpg

沼津港産で、触ると色素胞がまだ反応する。
久しぶりにイカのお造りが食いたくなったので購入。

基本の通りに捌く。

yariika_02.jpg

ところで、イカを造りにしようとするに際し、
どこまで皮を剥けばいいのかはちょっと悩む。
表皮は当然剥くとして、その下のどのレベル迄
皮を剥けばいいのか?
剥きにくくても、どこまでも剥けそうになって
いるのが悩ましい。

まぁ、適当なところで切り上げて、とりあえず造り。
中伊豆産の山葵を添えて。

yariika_00.jpg

相変わらずの素人包丁なのだが、
これでも以前よりは盛りつけに気を遣う様に
なってはいるのだ。blogのお陰である。

この様に、それなりにきっちり盛りつけられる
のは細作りだが、実際に食って美味いのは薄い
そぎ造りである。ただ、イカはねっとりと包丁に
まとわりつくので、綺麗に切って、かつ美しく
素早く盛りつけるのが僕には難しい。
だからblogにはvisual的こちらを採用した。
舞台裏ではそぎ造りも食われているのである。


ゲソやミミは「いしる焼」にして食う。

「いしる」というのは能登半島周辺で造られる
「魚醤」の一種で、「いしり」ともいうようだ。
原料魚は鰯やイカである。

我が家の冷蔵庫にはあるのはこれ。

ishiru.jpg

これはイカを原料にしたもので、既に賞味期限を
はるかに過ぎてはいるが問題なく使用中。
ただ、残り少なくなっているので購入の必要がある。
以前と違って、今はネット通販で簡単に手に入る。
結構なことだ。

さて、作り方は極めて簡単で、

イカゲソに「いしる」を絡めて、

yariika_gesoyaki_01.jpg

汁気を切って、強火の直火でさっと焼いて完成。

yariika_gesoyaki_00.jpg

イカの魚醤で焼いたイカゲソ。美味。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お魚料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!
イカ刺しもオイシソッですが
器も綺麗で素敵ですね
昨日は三重まで日帰りしたので
優しい食事に惹かれてます
こちらは、ハタハタが出回り始めてま
す 小さいのを選んだのでから揚げにします チト重くなそう^^

この器は我々夫婦も実に気に入っています。
唐津の岡本作礼という作家のものです。
ハタハタと言えば、以前、妻とふたりで冬の東北へ旅行に行ったとき、
秋田の料亭で食べたのを思い出しました。
卵がブチブチするんですよね。また食いたいです。

賞味期限

正直なところ・・・
私は賞味期限にうるさい人は苦手です(^^;
ちょっとやそっとで死にゃーしません!

なのでちょっと嬉しかったです(爆)

お仲間はっけん!
賞味期限切れ食品に対する僕の基本姿勢は
   「滅多に死なへん!!」
であります。
やはり、賞味期限は各自の鼻と舌と腹で決めるものであります。
しばしばスーパー等では、賞味期限切れ間近の食品を割引して
売ってますが、どうせなら、賞味期限を過ぎたものをタダで配っ
てくれたらええのにと思います。
ま、食品ですから、怖くてとてもそんなことはスーパーには
出来ないでしょうが。

追伸
おんなじ「いしる」を、『横浜そごう』地下の
『ザ・ガーデン自由が丘 』で見つけたので
買いましたです。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク