「おかぁはんにいうえぇ~」「うち大好きどすねぇ~ん」

今日のタイトルに反応した方は、
おそらくけっこうエエ歳をした京都の方に違いない。
しかもKBS京都を観てはったんとちゃいますか? 

「よいしょ!」 デ・デ・デン!
「そいつぁ○○だよぉ~」
「はかない人生どすなぁ~」

とか、他にも色々ありましたなぁ~


と・言うわけで、
今日のおやつは西村の『エイセイボーロ』である。
 
ee-see-bo-ro_00.jpg

当然、この盛りつけは撮影用だ。普段はこんなことはしない。

一般名称としては「玉子ボーロ」の方が全国的に
通用するかもしれないが、
京都では西村のえぇ~せぇ~ぼぉ~ろなのである。

こういう幼少時の思い出と共にある菓子は、
やはり幼少時の記憶と同じく、突然思い出した様に
食いたくなる。
で、そういう発作が年に何度か起こるので、
帰省の度に買っておく。
西村のエーセーボーロはこちらには売ってないのである。

昔のパッケージは、もうすこし大きめで透明だったような?

ee-see-bo-ro_01.jpg

時々、ふたつがくっついたのがあって、
特に子供の頃はそういうものを珍重する傾向にあった。
味が変わるわけではないが、何か特別なものに感じられたのである。
今回の袋には双子は入っていなかったのが残念である。

エイセイボウロ食べる喜びは、一度に何個も口の中にいれ、
段々と唾液が滲みて次第に軟化していく過程を楽しむことにある。
舌で硬口蓋に押しつけておいて、エイセイボウロの中から汁でも
吸い出そうとするかのように強く吸い、次に吸うのを止めると
唾液が急激にしみ込み、「しゅわっ」と軟化する。子供の頃は
この食べ方が好きだった。

歯を立てては駄目だ!
歯を使わずとも容易にとけて嚥下が可能という、
その柔さの中にエイセイボウロの喜びがある。

今、パッケージを見ていて思い出したのだが、
昔のパッケージの裏面には、エイセイボウロの歌が印刷されて
いた筈だ。
「ぼうやにっこり・・・ナンタラカンタラ・・・????」だったかどうだか?
楽譜付きで印刷されていたような、ないような。

と、思ってネット検索をかけても出てこない。
どなたか覚えてはりませんか?

説明しておくと、今日のタイトルは西村のエイセイボウロの
TVCFの思い出である。
このCFの思い出が、やはりネット上には散見される。
もう一度観てみたいCFである。

追記

ネット上の某所で当該CFを見ることが出来た。

やはり記憶とはアテにならないもので、
誤:「おかぁはん」→正:「おかぁさん」
であった。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おやつ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

なつかしいです

知ってます知ってます。それらのCMみんな。京都ローカルやったんですか?知りませんでした。
エイセイボーロも子供のときよく食べました。なつかしいです。

京都ちゃうけど、「たよし」とか「梅田の洞」とか、「キャバレーサン」とか、
「ハナテン」とか、色々ありましたなぁ。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク