栗入り雑穀御飯(付録:渋皮の簡単な剥皮法)

飯に混ぜて炊く既製品の雑穀ミックスに栗を入れて栗御飯。

kurigohan_00.jpg

白米1合に餅米を半合。
雑穀ミックス適量。
渋皮を剥いた栗も適量に塩適量。
普通に炊くだけ。

ところで家庭で栗御飯を炊くことに関して、
そのハードルを高くしている最大の要因は何かといえば、
ズバリ!「渋皮を剥く」という点でありましょう。

「料理には手間暇かけてアタリマエ」というのが僕の主張
ではありますが、これはやっぱ、面倒ですわ!
それに面倒よりも何よりも、僕には渋皮を包丁で剥いた際の
減耗が辛い!!!

なんかいい方法ないかいな?と思っていたところに農林水産省
関連のメルマガでいい方法を発見!

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構の平成13年度
研究成果情報05
「高温の食用油に浸漬する効率的なクリの渋皮剥皮法」
によると、鬼皮を除去した栗を、190℃の油で2分間揚げると
簡単に剥けるらしい。
(元の報告はネット検索すればすぐに見つかります)

揚げると渋皮が簡単に剥けるという情報は以前からネットに
あったようですが、具体的に温度と時間を明示してくれたのは
非常に有意義であります。

で、早速試してみました。

鬼皮剥くのは簡単。

kurigohan_01.jpg

テレビでも見ながら・・・

後は温度計で油温190℃を確認して、
栗を投入して2分間。

あの・・・はねます。小爆発する栗があります。
防爆処理として渋皮に傷を付けておいた方がいい。
剥くときのとっかかりにもなります。

油から引き上げてもなかなか冷めない。
布巾で包んで剥くと・・・
kurigohan_02.jpg


こんなにラヴリーでプリティーに剥けます。


栗の表面にでこぼこを残したまま、減耗もなく
渋皮だけがぱりぱりっと剥けます。

とはいえ、個体差はあるが・・・

kurigohan_03.jpg

問題は皮を剥いた後の油の付着と、中途半端な加熱が
食味に与える影響なのだが、
前者に関しては沸騰水中に投入して湯を流せばかなりの
油が除去できる。後者については、今回の栗御飯に関しては
影響は感じられなかった。

鬼皮を剥いて、渋皮のまま190℃の油で2分揚げる

いい方法を知りました。

因みに農水省関連のメルマガ、食に関心のある者にとって
有意義で興味深い情報が満載である。

例えば、今回の栗の剥皮法を教えてくれたのは
「果物&健康NEWS」の第123号。バックナンバーはここにある。

www.kudamononet.com/Kudamono&Kenko/index.html

メルマは
www.kudamononet.com/kkr/registory.html
から登録可能。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旬の味
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

こんばんは。お久しぶりです。ブログされていたとは知りませんでした。
写真がいっぱいでわかりやすくて楽しいですね!素晴らしい!!
最近我が家では僕がよくご飯を作ります。かんたんなもんばっかりですが...
うちからは錦も遠くないので、たまにはいい食材を買って料理して
みようと思います。今やってみたいのは鯖寿司です。
鯖と言えば、だいぶ前に靱公園の近くのフレンチで食べた鯖は
うまかったですね。
それでは、また。

>Quisuisje 様

どうも、ご無沙汰いたしております・・・と言いつつ・・・

す!!!すんまへん!!!!!!!!!!!
Qui etes-vous??????

京都にお住まいの男性で、靱公園時代のトルトゥーガにご一緒して
鯖の料理を食べた方・・・
候補はちらちらするのですが、確証が得られません。
できれば管理人だけに見える秘匿コメントで教えて下さい!!!
薄情ですんまへん。

それはそうと、鯖寿司は是非自作なさって下さい。簡単です。
家庭料理ですもん、家で作ってこそであります。

お、栗ですね!

むくの大変そうだけど、揚げちゃえばいいんですかー。
目からウロコですねー。 ( ゚0゚)゜。
ってか政さんのブログ、いつも写真キレイですよね。
お料理と写真が上手。。。 目指したいばしょです。
気になったのですが、一番下のボウルに入った栗たち。。。
ひと粒だけ浮かんでいるように見えます。 ( o_o)

へい!栗です。
クリの料理は渋皮剥くのと渋皮に付着する本体の減耗分が悲しかったのですね。
それともおさらばです。独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構はエライ!

国家機関も最近では情報公開が盛んで、これはとてもいいことだと思います。
国土地理院でも25000分の1地図が見放題です。山歩きに重宝してます。

写真と料理にお目を留めていただいて、僕は嬉しいです。

料理は、主夫の数少ない自己実現の場みたいなもんなので、気合が
こもってしまうこともあり、当blogも数少ない自己表現の場ですので、
筆が滑っていらんことまでカキコしてしまうこともあります。

僕のデジカメはスーパーマクロモードで取ると、ピントがシビアで
対象物から少しはずれるとぼけちゃうんですよねぇ。
それにしてもプリティーでラヴリーな表面です。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク