アカムツ(ノドグロ)を炊いたり焼いたり造ったり

久しぶりに美味い魚が食いたくなったので、 

akamutsu_kaiwari.jpg

エイヤッ!と購入。 
500gのアカムツと700gのカイワリである。 

カイワリはちょっと値段が安いのが不安だったが、
美味を思い出し、久しぶりに食いたいので買ったら・・・

kaiwari_01.jpg


生でも食えるが刺身で食って美味いレベルではなく、
翌日に焼いて食うことにした。

アカムツの方は、素晴らしい!!!
たぶん、網ではない。造りでも文句なしの質。

akamutsu_01.jpg

のどが黒いからノドグロとも言う。

一匹全部を造りで食うのは勿体ないので
胴体中央で真っ二つ。

akamutsu_02.jpg

断面図。

akamutsu_03.jpg

太ってて美味そうであります。

頭の方は炊いて、

akamutsu_taitan_00.jpg

(岩崎晴彦 青白磁)
後ろの方は半身をお造りに。皮の下が美味いので焼霜に。 

akamutsu_tsukuri.jpg

(岡本作礼 絵唐津)
山葵は伊豆天城産の本山葵。正に地の利。

残る半身を塩焼にした。

akamutsu_yaitan_00.jpg

(中野悟朗 青白磁)

焼くのはこのように・・・

akamutsu_yaitan_01.jpg

脂の多い魚を焼くのには、
セラミック付き金網に直接ガスの炎が当たらないタイプを
使うことにした。これなら脂が滴っても火が上がりにくい。
それに、まだ新しいガスコンロを汚すのは忍びない・・・
以上、3点の作り方に関しては省略してもいいと思うのだが、
魚の炊き方、煮魚の作り方については項を改めて言及したい。
思うところがあるのだ。

尚、このアカムツは2500円であった。
夫婦二人で大いに楽しめたのだから、値段以上の値打ちはあった。
外で食ったら・・・幾ら取られる?

以下のブログランキングに参加しています。
「うおおおっ!アカムツ美味そう!!」という方々は、
下のアイコンをとクリックしてくださいませ。


  にほんブログ村 料理ブログへ


「うまいもんは家で食え!!」が『割烹政』の主張です。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お魚料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

のどぐろっ!?

政さん伊豆ですよねー。 これ日本海にしかあがらない魚と思ってました。
わたくし夏は実家の神奈川で、冬はわけあって新潟に住んでんですけど、いつか食べてみたいと想い続け恋焦がれてる魚です。
のどが黒いのでノドグロ、なんですかー。
ほんと黒いですねー。
コレ、画像の加工ナシですか?
お目にかかったことないです。 絵でしか見たことナイ。 国道18号に、ノドグロの看板あるですよ、手書きのイラストみたいのが。

失礼しました、今日はちとよぱらてコメントしてます。 コメレスいいです、では!

こんな新鮮な赤ムツ売ってない!

赤ムツは私がよく行く戸越銀座の魚屋でたまに見かけることはありましたが、刺身でいけるようなものは、なかなか売ってません。
脂のっててどの料理も美味しそうですね。外で食べること考えたら、お値打ちだと思います。

>JOHNNYmonk様

そうです。伊豆です。駿河湾・相模湾にもアカムツがいるのですねぇ。
アカムツは標準和名で、新潟等の北陸ではノドグロと称されるようです。
だから、「北陸であがったアカムツしかノドグロとは言わん!!」という
頑固料理人的見解も、それはそれでありなんだろうと思われます。

で、味は文句なしに美味いです。刺身、塩焼き、煮付け、何にしても美味い。
僕が当地で一番好きな魚であります。人気があって高値なのも理解できます。
因みに北陸ではこちらよりも高値傾向にあるようです。

それでも、機会があれば是非是非おためし下さい。

>黒砂糖様

アカムツ最高です!
外で食べれば数千円、へたすりゃ1万円弱でしょうか?

当地に来た当時は、なかなか美味いものにであえず不満でしたが、
徐々に当地ならではの美味いものを知ってからは嬉しい食生活です。
してみれば、郷里を離れて主夫というのも悪くはないです。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク