お弁当に大好評!「ホウレンソウ入り鶏玉」

夫婦二人で1.2kgの丸鶏を一度に食うのはさすがにあれなので、
皮だけ全部食べた後の、残しておいた身の活用法。

toritama_00.jpg

簡単です。
これは「鶏ハム」でも美味しく作れるでしょう。
って、この丸鶏自体が巨大な鶏ハムみたいなもんだ。

作り方とコツ

材料一覧

toritama_01.jpg

モモでもムネでもササミでも、細かく裂いておく。
ホウレンソウは湯がいて、切って、絞っておく。
あと、玉子は軽く塩加減しておく。

ところで、この料理に限らずホウレンソウを炒める料理一般に
ついてコツと思われることがある。

先ず、ホウレンソウはかなり徹底的にきつく絞っておいた方が
よいが、茹でて冷水に放ったのち、長いまま軽く絞ったら、
今度は目的の長さに切り揃えてから、掌の中、指でぎゅっと絞る。
何故かと言えば、長いまま絞っても、絞られている箇所から
水は他の場所に逃げてしまうが、短く切り揃えてから絞ると、
両端に解放された切り口から水は外部へ流出するので、水気を
ホウレンソウ外部へ排除するという目的を容易に達成することが
できるからである。
それから、炒めるとき、鍋の中でほぐすのは大変ではないですか?
だから、ホウレンソウは絞った後で予めほぐしておくことが重要。

これだけのことで、均一に火の通った、べちゃつかないホウレン
ソウ炒めが出来ます。

ところで、ホウレンソウを下茹でしないで炒めちゃうレシピも
有りますが、我が家では先ずあり得ない。
だって、口の中がキシキシするのが嫌だからである。

さて、本調理は簡単。

熱したフライパンなり中華鍋なりに油を引いて、ホウレンソウを
じゃんじゃんと炒めて、鶏を入れてじゃんじゃんと炒めて、
玉子を溶き入れて、まとめて、ひっくり返して両面を焼いたら完成。

弁当用にはちょっと強い目に焼きを入れた方がよい。
網の上で冷ましてから弁当箱へ入れる。
だから、ふわっと隙間を空けてまとめた方が冷ましやすい。

以下のブログランキングに参加しています。
「うぉぉぉぉ~っ!!!!!!!」という方は、
下のアイコンをトリャ!!、デヤッ!、ぅぉぉぉっ!!とクリックしてくださいませ。


  にほんブログ村 料理ブログへ

当blogは主夫政の情熱の濁流であります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク