FC2ブログ

鶏もも肉の素揚げ油淋鶏

油淋鶏は好きな料理のひとつで、よく作っているのだけれど、

201804_YuRinChee_00_02.jpg

長く作っていると作り方が変わってきたりして、
やっぱ、俺の作り方にも変遷がある。

で、以前うpしたものはこんな作り方だったのだけれど、

やっぱもも肉美味いよねぇ~ってんで、
もも肉で作るなら、今はこの方法になっている。

って、説明する程でもなく簡単なことで、要するに素揚げです。

鶏モモ1枚に

201804_YuRinChee_01.jpg

ちょこっと塩をして放置。

その間にタレを作る。

醤油と酢と砂糖を同量ずつ鍋に入れる

201804_YuRinChee_sauce_01.jpg

計量は鍋ごと計りにのせて重量でやると楽です。

鍋を火にかけてさぁ~と沸かし、

201804_YuRinChee_sauce_02.jpg

とっとと冷水に鍋ごとぶち込んで冷やしたら、
みじん切りの葱と生姜とニンニクを入れて、ごま油を混ぜる。

201804_YuRinChee_sauce_03.jpg

そして冷蔵庫で冷やしておく。

鶏モモに塩が回ったら、にじみ出てきた水分をふき取って

201804_YuRinChee_02.jpg

筋にはちょっと細かい目の筋切りを施して、
何も付けずに熱した油へどぼん!

201804_YuRinChee_03.jpg

要するに素揚げな。

温度低い目で火を通したら

201804_YuRinChee_04.jpg

引き上げて油を切りながらしばらく放置。
蓋をして5分くらい。

それから高温の油で2度揚げするのだけれど、

201804_YuRinChee_05.jpg

付着した水滴やらにじみ出てきた肉汁やらで、
当然に油ははねる。
鍋の大きさや油や肉の量によっては油があふれるかもしれんし、
温度を上げすぎたら火が入るかもしれん。

だからやるなら自己責任な。

皮をパリッ!と揚げたら引き上げる。

201804_YuRinChee_06.jpg

まぁ、なんしか、皮を「鶏皮煎餅」に仕上げることを
イメージするのだ。

これを刻むのだけれど、

201804_YuRinChee_07.jpg


熱いのいさわるの嫌なんでニトリル手袋で押さえて扱うのだ

皿に載ってタレをかけて完成。
尚、今回はスライスした新玉葱の上にのせてタレをかけている。
セロリがめちゃ合うので是非欲しいところだが、今回はなかったのだ。
ミニトマトの赤色は映えて綺麗なんだが、ちょっと俗っぽくなるかな?
って、家庭料理なんやし、フレンドリーなほうがええでしょう。

201804_YuRinChee_00_01.jpg

結局、衣を付けない方が油も吸わないし、
皮もパリンパリンにできて、

201804_YuRinChee_00_02.jpg

なんつーても、手間が省けてええぇわぁ~

って感じです。

でも、胸肉使うなら、卵白で片栗粉付けた方が美味いと思う。
胸肉は安いけど、美味しく食うならそれなりに手間がかかるね。

でわまた
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク