生シラス

これは伊豆ではなく駿河の味なのだが、

スーパーで買って来た生シラスを

namashirasu_00.jpg

飯の上にのせて、ネギの刻んだのとおろし生姜をちょい。

namashirasu_01.jpg

醤油を垂らして食う。

生シラスのこのような食い方は、当地に来て初めて知ったものだ。
そもそも「生シラス」というもの自体、食ったことはなかった。
シラス、即ち鰯の幼魚といえば、乾物のちりめんじゃこしか
食ったことがないのだから。

初めて生シラスを食ったのは、沼津港の『鮨文』という寿司屋でだった。
その生シラスは、キラキラしてツヤツヤしてて、口にして噛むとかすかに
ぷつぷつして、味は微妙に苦く、それまで食ったことのない味だった。
以来、飲食店で、或いは買って帰って自宅で食ってみて、ちょっとだけ
だが生シラスに関して経験を積んだ。

例えば写真の生シラスは、生で食えるレベルだが、残念ながら
とても最良とはいえない。良い生シラスは、もっと透明感があって、
一匹一匹の輪郭がくっきりしている。
結局、こいつは水揚げから時間が経ちすぎているのであろう。
いかに沼津港で水揚げされた当日とはいえ、スーパーの店頭に並び、
買って帰り、そしてその日の晩に食うというのは、ちょっと遅いに
違いない。それに、このレベルの生シラスなら、何も当地でなくとも、
横浜や東京でも食えるだろうし、実際、デパ地下で見たこともある。

と、ちょっとうるさいオヤジめいたことを言っているが、それでも
時々買って食っているというところ、実は気に入っているのである。

だが、冷凍物を解凍したのは最悪である。時々スーパー等で売られて
いるのを見るが、透明感は失われ、べしゃべしゃしている。買う気は
まったく起こらない。ましてや、そんなものを飲食店で出されたら・・・
生シラスが駿河湾岸の名物だからとて、解凍モノを出すような店には
行きたくはない。漁があるとは限らないし、水揚げがあるとも限ら
ないのだから、「無いときは無い」と潔くしていればよいのだ。

そういえば、伊豆半島の向こう側の湘南一帯でも生シラスを食う
らしいが、平塚のイタリアンで食った一皿も忘れられない。
それは生シラスと生ハムを合わせた皿だったが、とてつもなく美味
かった。生ハムとシラスがあんなに合うとは思いもよらぬ。
ああいう一皿を食うと心が躍る。外食の醍醐味である。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

沼津で食べた生しらす

私も初めて「生しらす」を食べたのは、沼津港にあるすし屋「魚河岸」
だったので、びっくりです。
ここでは、生の桜海老も食べました。
浜松で地引網をして「しらす」を獲ったこともありますが、その時は浜でかきあげにして食べました。
懐かしい思い出です。

生で食べてみたいです

生で食べられるほど新鮮なシラスが手に入りません。

生で食べる時はこういう風にすれば良いのですね…。

>黒砂糖様
やはり、当地に来て「先ずは生シラス」という位でしたからね。
しかも最初に食べたものも良かったようで、良い刷り込みでした。
生シラスも生サクラエビも、冷凍の解凍ものでたちの悪いものが
あるので、そういうのを最初に食べさせられたら、印象も違って
くるでしょう。
かき上げも美味そうですね。
釜揚げは、家でやっても何故か美味しくできませんでした。

>&oh様
舞阪でもシラス漁は盛んなようですが、名古屋のスーパーや魚屋
には生シラスがならびませんか?

生シラスは居酒屋や寿司屋の「お通し」にも登場します。
刻み葱とおろし生姜がお約束のようです。

機会があれば、お試し下さい。

高知ではこれを「どろめ」と言います。今が旬で、それこそ生でカボスとかをしぼり食べますよ。
高知のは美味しいですよ^^

>ヒー様
カボスで食べるのも美味そうですね。
高知と言えば鰹のたたきの本場ですよね。一度行ってみたいです。
「のれそれ」も高知の名物でしたっけ?
関西では偶に見かけて、好きなので買ってましたが、こちらでは見たこと無いです。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク