FC2ブログ

発端丈山ハイキング その1 沼津港から内浦まで

201801_NUMADUPORTO_06.jpg

もう随分と長い間、
ハイキングの記事はモバイル更新で済ませているのですが、
偶にはしっかりうpしてみるかと。

っていうか、この前の土曜日もハイキングに行ったんですが、
なんと!ケータイ忘れたんでモバイル更新できなかったとゆー。

で、先週の土曜日(20180127)は発端丈山に行きました。

雪が降ったでしょう?
天城山系も箱根も愛鷹山も下界から見ても真っ白で、
ちょっと近寄りたくねぇよなぁ~って感じだったので、
だったら海岸の低山なら雪はないやろうからいいんじゃね?

発端丈山なんか手軽でよいのだけれども、
三津からスタートではちょっとぬるすぎるので、
沼津港から内浦まで歩いてから登れば
そこそこトレーニング効果もあるんじゃねって感じでGO!

つーわけで・・・

201801_NUMADUPORTO_01.jpg

沼津港の『みなと新鮮館』です。
沼津駅からここまではバスに乗るつもりだったのに、
丁度空白時間に沼津駅に着いてしまったので、
結局、歩いてきたのでした。っても、ちんたら30分程度。

で、ちょっと遅いけど朝飯を食うことに・・・

201801_NUMADUPORTO_03.jpg

ども、ブログ主です。
53歳身長178cm体重は105kgです。
今年も体重100kg超のままで山歩きします。

で、『みなと新鮮館』にあるここ

201801_NUMADUPORTO_02.jpg

『丸勘』はワンコイン丼が最強のコストパフォーマンスなんです。
例えばこのマグロの剥き身と釜揚げシラスの2色丼が500円!

201801_NUMADUPORTO_04.jpg

三島駅前に欲しい!!

ただ、ご覧のように

201801_NUMADUPORTO_05.jpg

ラブライバー御用達の雰囲気が充満しているので、
抵抗感のある人はいるでしょう。

俺?

全然平気です。寧ろ楽しい~

俺等の世代はアニメと一緒に大きくなったみたいなもんやしね。
いまだに見てるアニメもあるしね。ドラマよりおもろい。

これらのポップは従業員さんの手製らしいのだけれども、
公式絵と見まごうばかりで、こんなの自在に描けたら
楽しいんだろうなぁ~と羨ましいばかり。

絵は、どんなに練習してもダメなもんはダメなんだなぁ、
俺もそんなひとりなんだが。

つーわけで、沼津港を後にしたのが時刻1000過ぎ。

そこから海岸線を内浦までちんたら歩いていくのだけれど、
沼津港からすぐの港大橋の上からは富士山が・・・

201801_NUMADUPORTO_06.jpg

こんな感じで素晴らし~

その後、橋を渡ったとこにあるマックスバリュで

201801_NUMADUPORTO_07.jpg

30分ほどチンたら、時刻1100頃にリスタート。

やがて牛臥海岸に
201801_NUMADU_UCHIURA_01.jpg


御用邸の裏を経て

201801_NUMADU_UCHIURA_02.jpg

しばらく嫌いな車道歩きが続きました。

201801_NUMADU_UCHIURA_03.jpg

この多比第2トンネル!

201801_NUMADU_UCHIURA_04.jpg

歩道が無くて凶悪だ!

でも、出口から振り返ると・・・

201801_NUMADU_UCHIURA_05.jpg

???
反対車線側に斜めにつながっている歩道らしき部分が?

帰宅後調べてみると昔のトンネルが今は歩行者専用として
機能しているらしいんだが、おい!そんな案内あったか?
知らんぞ!知ってたらあんなうっとぉしい車道脇歩かへんわ!

つーわけで、歩く人は歩行者専用トンネルを探しましょう。
沼津側から見てトンネル手前を斜めに左へ兵って行けばあるようです。

で、このトンネルを抜けて浜沿いを行けば、

うるさい車道とはおさらば。

201801_NUMADU_UCHIURA_06.jpg

しばらく殺風景な道を我慢して進むと向こうに

201801_NUMADU_UCHIURA_07.jpg

淡島が見えてくるのでした。
いよいよ「聖地」地帯に突入であります。

淡島の駐車場・連絡船乗り場を通過して~

201801_NUMADU_UCHIURA_08.jpg

尚も進むと

201801_NUMADU_UCHIURA_09.jpg

『いけすや』という漁協直営の食堂~

ここは鯵丼と鯵フライがウリらしいのだけれど、
できて2年ほど経つ今でも行列必至ということで、
おそれをなした俺らはまだ入ったことがないのだった。

この干物屋さん・・・

201801_NUMADU_UCHIURA_10.jpg

昔、って、20年程前なんだが、NHK教育テレビに出てたね。
社会科教育ドラマに。このまち大好きだったか、
宇宙人設定の青年が下宿している設定のやつ。
なんか覚えてて、見たら思い出して、ちょっと感激。
って、俺、教育テレビ大好きでずっと見てたからね。

それにしても・・・

三島に来てから観光客気分でこの辺りにも来たことがあるが、
ラブライブ効果はマジすげぇ~~若いのがいっぱい歩いてる。
前はもっと寂れていて、それも風情だったんだが

あ!

201801_NUMADU_UCHIURA_11.jpg

ヨハネ~

聖地の桟橋

201801_NUMADU_UCHIURA_12.jpg

かくいう俺も、1期2期合わせて26話全部見てしまったんやけど。
NHKBSが放送したのが決定的だったんだなぁ~

最初、痛バス、痛電車で初見したときには最近の絵柄になれなくて、
特にらんらんと輝く瞳のハイライトに違和感があったのだけれども、
馴れたらあら!かわいい~
おきにのキャラも出来ちまうもんだぜ、それがフツー

それに沼津の見慣れた景色が出てきたらキャッチィーやしね。
伊豆スカイラインの土肥駐車場が出てきたときはビビったわ。
戸田峠の曲がり方、車線がおかしいけど。

まぁ~アニメの聖地巡礼ってのも、
俳優のファンがドラマのロケ地を観光の対象にするのと同じですね。
生身の俳優もアニメのキャラも外から見ているだけの存在ですから。
2次元3次元に違いなんてねぇーだろ。

つーわけで、年甲斐もなく俺もちょっとだけキャハキャハしてしまい、
妻は呆れていたようです、はい。

201801_NUMADU_UCHIURA_13.jpg

で、ヒロインの家設定の旅館の前を過ぎ、

201801_NUMADU_UCHIURA_14.jpg

三津シーパラ先のトンネルを抜けると

201801_NUMADU_UCHIURA_15.jpg

発端丈山登山口(長浜口)があります。

本当は、このちょっと先にある観光案内所にも行ってみたんだが、
ちょっと濃すぎで、おいらははね飛ばされました。

時刻は1425。沼津港から4時間もかかってしまった。
ちょっとチンタラしすぎました。

ここから登りです

(続く)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク