鹹魚鶏粒豆腐

鹹魚を用いた料理。鶏肉と豆腐を軽く煮込んだもの。

hamuyui_tofu_00.jpg

参考書籍は柴田書店の『乾貨の中国料理』。

この料理書を見ていると、「食いたい!作りたい!!」という
欲望ががんがん湧き出てくるぜ。

今、激しく作りたいのが「豚のアキレス腱の煮込み」。
先日、妻と渋谷の台湾料理屋で食べた「豚のアキレス腱の煮込み」が
フルフルの食感で滅法美味かったのだが、載ってる!
油で戻す方法は到底我が家では不可能だが、水で戻す方法は挑戦可能!
というわけで
中華街に行ったら豚の乾燥アキレス腱を絶対に買わなくてはならぬ!!

話を元に戻して「鹹魚鶏粒豆腐○」ですが、本当はこの料理名は、
最後に出せない漢字がある。「保」の下に「火」と書く。
これは「土鍋」を意味するらしいが、我々夫婦は猫舌夫婦なので、
土鍋はやんぴ。だから「鹹魚鶏粒豆腐」。

ところで、ネット上の著作権、blogと著作権の問題は、
これから益々ややこしくなっていくのでしょうね。
そもそもレシピと著作権の問題は?
ネット検索すると色々と勉強できます。

まぁ、とりあえず、今回の料理は『乾貨の中国料理』(柴田書店)を
参考にしました。食材、調味料の分量は全て適量です。

そもそも、これは中国の家庭料理ということで、向こうでも適当に
作られているだろうし、何よりも僕は日本人なので、どうあがいても
日本人の作る味になるだろうし、そもそも家庭料理はそれを食べる
少数の身内の好みに合わせればいいので、要するに適当でいいでしょう。

主要材料は

豆腐(1cm角程度の立方体に切る)、
鶏もも肉(細かく切って、塩、胡椒、卵白、片栗粉を練り混ぜる)
エシャロット、ニンニク(共にみじん切り)、
鹹魚(下拵えしてみじん切り)、
ねぎ(適当に切る。尚、上述書籍ではわけぎを指定)、
干し椎茸(戻して刻む)

作り方は
豆腐を湯通ししておく。
エシャロット・ニンニク・葱を炒める。
老酒をじゃぁ~
スープをどばぁ~
沸いたら豆腐と鶏肉と椎茸と鹹魚を入れる。
オイスターソース、醤油で調味。
鹹魚から塩気が出るから注意。
ちょっと煮込む。
片栗粉でとろみをつけて完成。
飯にかけて食うと美味い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

アキレス腱!!

豚のアキレス腱って美味しいんですね。
全く知りませんでした。

アキレス腱って言うと、切れたら痛いとこ
…くらいのイメージしかなくて…。

>&oh 様
そうです!美味いんです!
感じとしては、おでんの牛すじですな。
ゼラチン質でとろんとしててぷにぷにでした。
作りてぇ~
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク