弁当に冷めても柔らかい鶏つくねの照り焼き

偶には勘弁して貰うこともあるが、妻に弁当を作っている。
だが、弁当の内容にはいつも悩まされている。何を作って
良いのかわからないのである。そんな中からも、定番とも
いえるおかずも何品か生まれてはいる。

これもその中のひとつで、なんのことはない、ただの鶏の
つくねを焼いたものだが、冷めても柔らかく食えるように
ちょっとした工夫がある。

大体、鶏のもも肉のミンチ200g程度に塩胡椒をして練り、
卵黄1個を加えて更によく練り、
徹底的に細かくしたタマネギのみじん切り半個分を加え、
片栗粉を適当に加えて混ぜる。

ちょっとゆるめになると思うが、それでもいい。
ここまで前の晩に仕込んでおく。

翌朝、油を塗ったステンレスの仕込み皿に広げて成形して、
ちょっと蒸す。

toritsukune_01.jpg

5分程度。

それをスキレットで焼いて、

toritsukune_02.jpg

酒、醤油、味醂で照り焼きに。
適当な大きさに切って冷ます。

toritsukune_00.jpg

仕上げに粉山椒をふりかけます。

盛りつけですか?勘弁してください。
でも、味は好評です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

これ、いいですね、でも、蒸さないとダメですか?そのまま焼いたらどうですか?ホント、マメですね~
奥さんにお弁当作ってあげているんですか?羨ましい~わ!

>ヒー様弁当作りは、まぁ、主夫ですさかいに、
それ位はやらせてもらいますわ。

さて、この料理は、勿論、蒸さなくても出来ます。OKです。
でも、蒸してから焼いた方が柔らかいです。
焼くのは香ばしさを与えるためと、
表面を乾かして、味を絡めるためですね。

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク