2017富士山登山(御殿場口) その2

201708_THECAR_02.jpg

さて、富士登山、
今年のお盆休み期間はあまり天気に恵まれなかったようですが、
俺は帰省していたのでカンケ~ないやぁ~

んで、ほんまわ今日登ろうかと思ってたんやけど、
なんだか昨夜は遅くなってしまったんで、やんぴ!
眠い早起きは嫌いです。
登山期間はまだ一か月あるしね。
殆ど地元の強みです。

つーわけで、20170729の御殿場口の続きです。

で、前回の最後に謎の物体のことを書いたんですが、

20170729_gotenbaguchi_16.jpg

これですが、この四角い物体の正体はこれだと思われます。

201708_THECAR_01.jpg

な、なんと!富士山の山腹に謎の廃車!!!!

これって、今年の5月20日に『道の駅すばしり』スタートで
ふじあざみラインを須走口5合目まで登り、御殿場口5合目まで
トラバース、そのあと幕岩を経て水ヶ塚までハイキングした際に、
須走口と御殿場口の間にある獅子岩の近くに見つけたものです。

普段は須走口5合目から御殿場口5合目までは昔のハイキング道を
斜め下に降りて行くところ、
途中で今まで気がつかなかったケルンと踏み跡に気づき、
それをたどっていくと獅子岩の直下に至り、
獅子岩を通り過ぎた先でふと上の方に目をやりますと・・・

なんだ、あの物体は?
と、カメラの望遠モードで拡大撮影してみたら
謎の廃車が写っていたのでもうびっくりですわ!!!
だって、標高2000mあるよ、道なんかないよ!!

201708_THECAR_02.jpg

なんなのあれは???

帰宅後、ネットを検索して回ったら、
ヤマレコにこの廃車まで行ってみたレポートがありました。
おもろいので俺もこの秋にでも行ってみようと思っている。

因みにYahoo!やGoogleの航空写真にもこの廃車は四角く写っています。
めちゃ小さいけど。獅子岩の南側の沢を渡ったところ、
単調な砂地にぽつんとあるぜ。

ところで、「獅子岩」ですが、ここでの獅子岩は地理院地形図で
須走口と御殿場口の間にある獅子岩のことです。
吉田口下山道の6合目あたりにある獅子岩のことではありません。

で、まぁ、この謎の廃車、
位置的に御殿場口登山道からも見えるんじゃね?
新6合目の手前で須走口に一番近寄るところへんで見えるんじゃね?
と思いつつ登っていて、丁度雨が小降りになったので目をこらすと、
どうやらそれらしい物体が見えたのでヒャッハーっとなったのです。

では、本題に戻ります。

御殿場口新6合目の休業小屋からですが、それにしても、まじ、ほんと。

20170729_gotenbaguchi_20.jpg

この休業小屋なんだが、せめてトイレくらいは整備して欲しいなぁと、
ずっと思っているのです。御殿場口は大石茶屋の後はわらじ館まで
やってる小屋がないというのが厳しいんですよね。

ここのトイレを整備して、泊まれなくてもドリンクくらい売れば
けっこう売れるんじゃないかしらん?

って、まぁ、御殿場口は空いているのが魅力、
混むのは勘弁なんで、初心者には厳しいくらいが丁度良いのだけれど、
6合目あたりにトイレは欲しいなぁ~

さて、休業小屋を通り過ぎて、
この辺はだいぶ歩きやすくなってます

20170729_gotenbaguchi_21.jpg

20170729_gotenbaguchi_22.jpg

ブル道交差からちょっと行きますと・・・

20170729_gotenbaguchi_23.jpg

んで、更に進むと

20170729_gotenbaguchi_24.jpg

なんか、須走口7合目見晴館の謎の矢印で大騒ぎしてたけど、
あんな矢印、富士山には幾らでもあるがな!

だいたい、今回の騒ぎの矢印にしても、あんなの何年も前からあるし、
Googleストリートに写ってるくらいなんですから。
吉田口下山道へ続く人が歩いたような跡があった!って、
Yahoo!地図の航空写真に写るくらいはっきりしたものです。
今年初めて何人かがちょこちょこ歩いた程度で出来る筈もない。

それを今更大騒ぎするというのが、ほんと、訳がわかりません。

って、まぁ、あれは知ってた人だけ、
気づいた人だけが知っていれば良かったものを、
あんな風に目立つ形にしてしまったおっちょこちょいが悪いのだけど。

しっかし、あんな矢印に惑わされてふらふら行くようなのがいるとは
思えないんだがなぁ。でも、標識多数、アナウンスも頻繁にされている
にもかかわらず、吉田口へ下りるべきところを須走口に下りてしまう
豪快な人もいるみたいだから、行政としては放置できないというところか?

因みに、上の写真は御中道の目印です。
特に黄色い方は昔の御中道の目印だと思われます。

国土地理院で公開されている昔の航空写真を見ていると、
今「御中道」とされている須走口~御殿場口のルートと、
昔の航空写真に写っている御中道と思われる踏み跡の
高度が違うことに気がついたのです。

そして一昨年、その昔の御中道をたどるべく、
御殿場口の6合目付近をうろうろして、
昔の御中道が在った筈の高度をトラバースしていたら、
登山道の黄色い目印の岩にたどり着いたというわけです。

で、須走方面の岩稜にも同じような黄色い丸印がありまして、
でも、航空写真に写りそうな踏み跡は見つけられなかったのですが、
やはり昔の御中道はこの高度にあったのだなと、一応、納得したのでした。

で、この黄色丸印から

20170729_gotenbaguchi_25.jpg

ちょっと行った先

20170729_gotenbaguchi_26.jpg

所謂「プリンスルート」はここへつながる。

ということは、宝永馬の背からここまでは昔の御中道の跡なのかな?

そしてプリンスルートとつながってすぐに

20170729_gotenbaguchi_27.jpg

御殿場口6合目の標識があります。

それにしても、やっと六合目です。
時刻は1133、登り初めて3時間。
標高はまだ2800mちょいです。

雨は止まないまま、俺は雨具を着ないで濡れっぱなし。

20170729_gotenbaguchi_28.jpg

ま、全然寒くも何ともなかったけど。

よい子のみんなわ真似すんなよ!

俺は皮下脂肪と筋肉量の多さでOK!!
鍛え方が違うんだよっ!!!!

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク