コーニッシュ・ヘンの丸揚げ

201704_CornishHen_00.jpg

長泉町の『しずてつストア』にこんなの売ってた。

201704_CornishHen_01.jpg

冷凍のひな鶏なんだが、フツーの丸鶏よりも小ぶりで扱いやすく
食い切りサイズなので一度食ってみるかと購入~

調べてみると、アメリカでは結構ポピュラーな丸鶏ということで、
ネットには調理例があるわあるわ・・・

で、俺はといえば、とりあえず、丸揚げにでもしてみるかと・・・

201704_CornishHen_02.jpg

味付けは塩だけでいいと思うのだが、問題は方法。

皮ごとかぶりつくことを想定して皮目に強めの塩をするか、
それとも、筋肉中にまで適度な塩味を全体的に浸透させるか。

まぁ、間違いなさそうなのは後者かなってんで、
塩水に浸して塩を回す方法を採用。

問題は塩分濃度なのだが、
フツーに食うときは1%ちょい+くらいが好みで、
とすれば塩水が3%ではちょいと塩辛すぎるし、
鶏自体の水分も考慮したら2%くらいではないかということで、
1000gの水に20gの塩を溶かしたので良しとする。

それを鶏と一緒にポリ袋に入れて・・・

201704_CornishHen_03.jpg

冷蔵庫の奥に2日間入れておきました。

2日後、取り出して水切りしながら常温化。

201704_CornishHen_04.jpg

なんか、ユニークな姿。

これを衣とかは付けずに素揚げで。

201704_CornishHen_05.jpg

油をかけ乍ら揚げます。

201704_CornishHen_06.jpg

一度、油から引き上げて5分ほど休ませて・・・

201704_CornishHen_07.jpg

油の温度を上げて2度上げにします。
2度目は皮目のパリッと感を重視。

201704_CornishHen_08.jpg

・・・

薄い胸の皮が火傷して破れてしまいました・・・

201704_CornishHen_09.jpg

食べやすい大きさにぶった切って

201704_CornishHen_00_2.jpg


盛りつけたら完成~

懸念された塩加減も丁度良い感じでした。

これはリピートです。次は別の調味でやってみたいです。


そういえば、丸鶏と言えば、
もう10年以上前に当ブログにエントリした記事がありました。

これです~

marudoritachinochinmoku.jpg

この写真、気に入ってるんだが、記事はこちら→「丸鶏の沈黙」

これは丸鶏を低温調理的に加熱した後で、一度乾かして、
それから揚げた様です。これは干してる写真だな。

味?忘れた。

それよか、もうそんな前からこのブログやってることの方が驚き。



そういえば、そういえば、

ここ三島市にはひな鳥の丸揚げを名物にしている居酒屋が
何軒かあるようで、そのことは当地に越してきた当時から
知っていたのだけれども、まだ食ったことがないのでした。

でわまた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク