とう菜のパスタペペロンチーノ

今日から4月だというのに寒いですね。
土曜日だというのに天気も良くないので山歩きはお休みです。

だから昼飯はおうちで~

201704_TounaPasta_00_01.jpg

とう菜のパスタを作って食いました。

「とう菜」の「とう」は漢字では「薹」と書いて、
要するに「花茎」のことですね。
「ふきのとう」の「とう」もこれです。

この時期、農産物直売所には結構並んでいるかと思いますが、
まぁ、アブラナ科の薹が殆どなんでしょうけれども、
何の薹なのか判らんままに買うことも多いです。

でも、まぁ、何でもいいでしょう、美味いから。

で、こんな風に作りました。

薹菜です。

201704_TounaPasta_01.jpg

何の薹か判らんけど、先の方の柔らかいところを使います。

フライパン(ここでは北京鍋だが)にオリーブオイルを入れて、
ニンニクのみじん切りと赤唐辛子を入れる。

201704_TounaPasta_02.jpg

しゅっと長いのはニンニクの芯です。
一緒に刻むと細かくなりすぎて焦げやすいので外すのだけれども、
捨てることはない。

ここでニンニクは潰して香りだけオイルに移すという手法も
よくあるのだけれども、俺はみじん切りにして残す方が好きだ。

他、アンチョビを用意しておく。

201704_TounaPasta_03.jpg

別途、お好みのパスタをスタンバイしておく。

フライパンを弱火にかけて、

201704_TounaPasta_04.jpg

ニンニクを茹でるように炒める。

とにかく、焦がさないことが重要かと。

パスタ茹で上がり3分前に、

201704_TounaPasta_05.jpg

パスタを茹でている鍋で薹菜を湯通しする。ザル等を使うのが良い。

201704_TounaPasta_06.jpg

1分茹でたら湯切りしておく。

ニンニクを炒めたフライパンにアンチョビを入れて、

201704_TounaPasta_07.jpg

潰しながら炒める。

湯切りした薹菜を入れて

201704_TounaPasta_08.jpg

炒め合わせる。

茹で上がったパスタを入れて、混ぜる。

201704_TounaPasta_09.jpg

味見をして、塩が足りなければ調整。塩辛すぎたら諦めて、反省しながら食え。

乳化?どぉでもええやんめんどくせぇ~

201704_TounaPasta_00_02.jpg

ここで薹菜は柔らかめの仕上がりを指向する方が美味いと思う。
その方が口の中でパスタとのバランスがいいから。

まぁ、野菜のロングパスタなんかは、野菜が柔らかい方が美味いでしょう。
固いのは勘弁。パスタと一緒にフォークで巻き取れない様なのは論外。

そんな感じ。


さて、新年度なので心機一転!
この4月1日からは毎日更新します!

と4月1日なだけにそんなことを言ってみたりして。

でわまた!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 今日のランチ!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク