「なめたけ」は自家製で

nametake_00.jpg

白飯と一緒に、なめたけおろしに、冷やし素麺に蕎麦に…
なにかと重宝する「なめたけ」だが、買えば安くはない。
安いのもあるが、固形分が少なくてしゃばしゃばなのが
許せない。
結局、「なめたけ」は自家製ということになる。

家庭でも「なめたけ」が簡単に作れることは今や常識だ。
自家製なめたけでネット検索をかければ、
作り方は幾らでもヒットする。
色んな作り方を知ることができるが、
僕の作り方は次のようである。
材料と準備

nametake_01.jpg

昆布と鰹節の出汁を用意する。
エノキダケを適当に切る。
調味料は醤油とみりん。
分量はそれぞれ適量。

本調理
1. 出汁を沸かして醤油を適当に入れ、
エノキダケを入れて炊く。
2. 煮詰める。味醂を入れて更に煮詰める。

nametake_02.jpg

3. 程よく煮詰まったら完成。瓶に入れて冷蔵庫で保存。

nametake_03.jpg


煮詰めるので醤油の量はそれを前提に入れねばならない。

煮詰めるときに焦がしてはいけない。
火の大きさは鍋の底面をはみ出さないように調節。
でないと、鍋の側面に回った火が鍋の側面内側を
過剰に加熱し、その部位に付着した汁を焦がし、
その焦げ味がなめたけに入っていき不味くなる。

どれくらい煮詰めるかは好みの問題だが、僕の目安は、
木じゃくしで混ぜていて鍋底が見えたら、
その部位に汁が流れてこなくなる程度まで。

自家製なめたけには思い出がある。
今から20年位前のこと、料理大好き青年であった僕は
ある時、「要するにえのきだけを炊いて煮詰めたら
なめたけになるんとちゃうん!?」と思いつき、
やってみたら見事に「なめたけ」になったことに感動
したのだった。
「こんなもん、自分で作れるんやなぁ~」と。

家庭で作れるということは、飲食店の厨房でも作れる訳だ。
居酒屋メニューで「なめたけおろし」があるが、あれにせよ、
果たしてどれだけの店が自分のところでなめたけを作って
いることか?
安もんのびしゃびしゃの既製品なめたけに香りも辛みもない
ばしゃばしゃの大根おろしでなめたけおろしでございだなんて
もんにカネを払う値打ちはあらへん。
素人でも家で作れるもの位は自家製にしてもらいたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

え~!
なめたけ=えのきの煮たやつなんですか?!
恥ずかしながら知りませんでした!!

こんにちは^^/

なめたけってこんな簡単なレシピだったのですね・・・・知りませんでした。
確かにこれだと自家製で可能ですね。今度作ってみますね^^/
でもいつも政さんのところに来るとためになります^^/
また遊びにきますね^^/

え"~
Mizo殿知らんかったんですかぁ~?
この機会に奥方に作ってもらわはったらええです。
「かきのきだけ」という茶色いエノキみたいなので
作ったら、エノキで作るより歯ごたえしゃっきりで
美味いですぜ。「原種エノキ」製のなめたけが
いい値段で売られてますが、あんな感じです。

>たか様
そうなんです。
市販の食品の中には「実は家庭で簡単に作れる」
というものは、実は多いんじゃないかと思います。
何回かの実践と反省と工夫のフィードバックで、
普通一般の市販品のレベルを凌駕できるような
ものでも作れるんじゃないかと。
そういうことも家庭の料理の推進力になると
思うのであります。
自分で作れるというのは気分がいいです。

はじめまして♪

政さん はじめまして♪
奈良に住む(大阪出身ですが)招き猫といいます。
なめたけ美味しそう~
作ってみようと思います
リンクさせていただきました~
勝手ごめんなさい♪

>招き猫様
はじめまして。コメントを有り難うございます。

奈良にお住まいなんですね。妻の郷里です。
我々夫婦も関西に帰ったら奈良に住みたいと思っています。
「なめたけ」作りは、当ブログに掲載した通りに、本当に簡単です。
なんと言っても、確かな材料でお好みの加減に調味できるのがいいです。
リンクの件了解しました。当ブログはリンクフリーであります。

では、これからもよろしくお願いします。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク