タマネギをキツネ色になるまで炒めるということ

カレーを作るときには、我が家では細かく刻んだタマネギを
キツネ色になるまで炒めることが常識なのだが、
カレーを作る訳ではなくても、細かくしたタマネギを
キツネ色に炒めたものを作っておくと、何かと重宝する。
例えば、焼き飯に入れる(だが、これを入れると、
何故か中華風の「炒飯」からは遠くなる気がする)。
ぱっと思いつきでハンバーグを作る、 
ポークチャップのソースに混ぜる・・・等。
味に深みが加わる。
既製品もあるようだが、そんなもん自分で作ったらええ。

カレーならば煮込んでしまうので細切りで十分だが、
みじん切りにしたほうが汎用性がある。
みじん切りはフードプロセッサーを使うと楽だが、
包丁で刻んだ方が仕上がりの炒まり具合が均一である。

初めはタマネギから出る汁気で煮込む感じだが、

tamanegi_01.jpg

次第に水分が飛んでいき、タマネギがチリチリ言い出して、
tamanegi_02.jpg

やがてキツネ色に炒まる。ここまでで40分くらい。 

tamanegi_03.jpg

油を切って、

tamanegi_04.jpg

深型バットミニ号で保存。

tamanegi_05.jpg


キツネ色になるまでタマネギを炒めるということについては
思い出がある。

僕が中学生位だったから、もう30年くらい昔のこと、
僕は料理好き少年で、家の「カレー係」だった。
カレーは僕が作っていたのである。ローリエを入れたり、
リンゴをすり下ろして入れたり、色々試していた。
そして、ある時、どこで仕入れたネタか忘れたが、
カレーを作るときにタマネギをキツネ色になるまで炒めると
美味いということを知り、そして直ちに実行してみて、
その味の変化に感激したことを覚えている。
先ずタマネギが信じられない程に甘くなることに、
それからカレー自体が、まるでレストランで食べるものの
ように美味しくなったことに。

以来、カレーのタマネギはキツネ色になるまで炒める。
炒めないと許せなくなってしまった。

40分間付きっきりで、焦げ付かないように絶えず混ぜながら
タマネギを炒め続けるということを通じて得たものは多いと思う。
火加減、混ぜかた、鍋返しの技術にに集中力、仕上がりの見極め・・・

タマネギを炒めるということからだけでも、学べることは多いし、
それが他の料理を作る場合にも活きてくるのだと思われる。

もっとも、家庭料理の話であるから、自己満足の域は出ない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、純です。
今日もまたひとつ勉強になりました\(*´▽`*)/
キツネ色になるまで炒めるのは、残暑の残るこの時期、多少厳しいものがあるけど、苦労の甲斐はありそうですね。これだけ甘く美味しくなるのでわ♪
冷凍もできますよね?なら大量に作っておけば便利ですよね~♪

中学生の頃からキツネ色の玉ねぎや、ローリエ、りんご…まるでクッキングパパの実写版ですよ!!

手間をかければ、それだけ味で応えてくれる感動を、純も味わおうとおもいます♪

拝見させていただきました。

「割烹 政」さま

僕も いちじくが大大好きだ!!

今回強くコメントします(笑)

足早に更新記事を拝見いたしました。
ところで質問です!

{質問1}じっくり炒めたたまねぎは、日持ちするのでしょうか?チョイ気になりました。
{質問2}主人最近ジムは、お出かけになっておられますか?
富士は、今日も綺麗でしょうか?


バテ気味のごっとハンドでした。
今日もご馳走様。

>純様

そうですね。炒めたタマネギは冷凍すれば、割と長く持ちます。
ただ、冷凍しても油焼けの問題はあるので、保存可能期間は自分の舌と腹で判断します。

僕も手間をかけるべき所は、きっちり手間をかけなあかんとおもいます。
幸い、只今「専業」主夫。時間は豊富にあります。
でも、かけた手間が仕上げの一瞬の失敗でぱぁーになることもあるから面白いです。

>ごっとハンド様

貴殿もイチジク大好物とのこと。
やはり京都府南部山城地方のイチジクは最強ですな。離れて強く強く実感します。

さて、回答です

{回答1}とりあえず、冷蔵庫で1週間位は平気です。放置すれば油焼けがします。
     だから早く使い切ってしまうのが基本ですな。

{回答2}はい。毎週1~2回、コンスタントに続けています。
     本日も行ってきました。最近ではスクワットのメイン重量を100kgとし、
     1分インターバルでフルスクワットを6回ずつ10セット行っています。
     ベンチのメイン重量も100kgで、こちらは年内に120kgを挙げることを
     目標にしました。体重は100kgを維持しています。

今夜は鱧を料理しています。次回更新でお目にかけることが出来ると思います。
お楽しみに。

忘れ物

富士山は、まだクリアーに見える時期ではないのですが、
昨日の夕方は素晴らしい富士山が見えました。
ホントに当地の富士山の眺めは凄いです。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク