富士山須走口滑沢直登 その3(完結)

(続き)

『大陽館』でだいたい半分くらいでしょうか。

最初はここまで登ってキツかったらエスケープしても
いいかなと思っていたのですが、時間的にも体力的にも、
そして妻にも問題なしだったので続行です。

まだまだ登りです。

201610_subashiriNAMESAWA_30.jpg

そういえばエスケープといえば、富士宮口から御中道に入って
大沢崩れの方へ向かう途中に「主杖流し」という溶岩流があって、
それは剣ヶ峰測候所直下まで登って行けるそうなんだけれども、
なんと!そのルートはエスケープできないそうなんですわ。

つまり、取り付いたら最後、登り切らねば却って危険だとゆ~
しかも、標高差は1000m!!

我々が登った「滑沢」は須走口登山道のすぐ横なので、
なんとなれば左へトラバースすれば、すぐに逃げれる。
勿論、現場でのルート探しは別のお話ですが。

201610_subashiriNAMESAWA_31.jpg

白いロープのところが登山道です。

で、まぁ、一般登山道に近いと言うことは、人目に付きやすいと
いうことでありまして、世の中にはバリエーションルートという
ものを理解しない人というか、不寛容な人もいるんだろうなぁ。
特に富士山みたいなとこでは、普段は山なんか登らんのに、
何かと見咎めたがる人がいるんだろうなぁ~

それにこのルートは上端が一般登山道に横切られているので、
上から石でも落とされたら厄介なんで、まぁ、そんなこんなで、
ハイシーズンはやらん方がええのではないかと思っております。

やがて・・・

201610_subashiriNAMESAWA_32.jpg

上の方に『見晴館』の鳥居が見えてきました。

もうちょい。

201610_subashiriNAMESAWA_33.jpg

『見晴館』の横まで登ってくると・・・

201610_subashiriNAMESAWA_34.jpg

なにやら岩に白い矢印が・・・

実はここから吉田口下山道までトラバースがあるのです。

滑沢を登る事前の情報収集でYahoo!地図の航空写真を見ていたら、
見晴館から吉田口下山道へ続く踏み跡が写っていることに気づいて、
それを確認することもこの日の目的でありました。

で、矢印に沿って進むと・・・

201610_subashiriNAMESAWA_35.jpg

確かに吉田の下山道まで踏み跡が続いているようで、しかも足跡つき。
歩いている人がいるようですな。でも、あんま意味なさそうな・・・

で、元に戻ってすぐに

201610_subashiriNAMESAWA_36.jpg

須走口の一般ルートに交わってゴール!!
時刻は1255、丁度取り付いて2時間でした。

あとは・・・

201610_subashiriNAMESAWA_37.jpg

ちんたら下りて・・・

あそこを登ってきたんだなぁ~

201610_subashiriNAMESAWA_38.jpg

下山道は須走口が一番楽かもなぁ~と思う。

201610_subashiriNAMESAWA_39.jpg

でも、来年は吉田口の九十九折り下山道も下りてみたいです。
実は楽なんじゃね?
んで、コノスジ中途道で須走へ帰ろう。そうしよう。

神社到着!

201610_subashiriNAMESAWA_40.jpg

あとは『東富士山荘』で

201610_subashiriNAMESAWA_41.jpg

「きのこ鍋セット」を食って、
バスを乗り継いで三島へ帰りました。


感想

素晴らしいコンディションの下で懸案だった滑沢を登れて大満足でした。
「幻の滝」の「不浄流し」よりもデカくて長くて爽快です。
登りは予想よりも楽で、難しい箇所もありませんでした。

なんつーか、全てにおいて「程よい」感じでした。
また登りたい!!!!

ただ、このルートを登るには、体力だけはそれなりに必要でしょう。
標高3000m前後の岩場を登り続けるのですから、
富士山の一般登山道の上の方で座り込んでいるようならダメでしょう。
フツーに日帰り出来るくらいの体力は必要なのではないでしょうか。

って、まぁ、こんなとこ登ろうとする人は、そんなこと自分で判るのだろうから、
余計なお世話ですね。へぇ、すんまへん。


でわでわぁ~

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク