主夫的昼飯:改造レトルトカレー

久しぶりの食い物ネタです。
そうです!
これは料理レシピのブログなのです!!!

先日の昼飯にレトルトカレーを改造して食いました。

201610_KAIZOUCurry_00.jpg

というのは…

安さにつられて買った輸入牛の肩ロースステーキが固かったので、
2枚組だったのを1枚残しておいたのを、

固くても煮込んでしまえば柔らかくなるには違いないのだが、
夕餉の主菜にするには量が少ないので、
まぁ、俺が昼飯に食ってしまおうとゆーーーー。

で、レトルトカレーに混ぜて食えば、
レトルトカレーの具の貧弱さも補えて一石二鳥!!!

とゆーことで、以下のような感じで改造。

でかくて固い輸入牛肩ロースステーキ肉でおます。

201610_KAIZOUCurry_01.jpg

300g以上あるよ!!

こいつを塩胡椒して焼く!

201610_KAIZOUCurry_02.jpg

適当に切って圧力鍋に入れて、白ワインと水を適当に加減して、

201610_KAIZOUCurry_03.jpg

加圧30分!

201610_KAIZOUCurry_04.jpg

自然減圧。ああっ!

201610_KAIZOUCurry_05.jpg

加圧中に水がなくなって焦げることを回避したかったのが、
ちょっと水気が多かった。

だから…

201610_KAIZOUCurry_06.jpg

フライパンへ移して煮詰めます。

201610_KAIZOUCurry_07.jpg


煮詰めたところへレトルトカレー投入!

201610_KAIZOUCurry_09.jpg

今回はこれ!

201610_KAIZOUCurry_08.jpg

ハウスの『カシミール風ポークのスパイシーブラックカレー』

大手のレトルトカレーの中ではかなり好きです、これ。

サラッとしてて、
大手にしてはスパイス使いも辛さもちょっとだけ踏み込んでいる感じ。

ポークだけど気にしない!!
この辺ならサントムーンのジュピターで売ってる。

ご飯と盛りつけて完成!

201610_KAIZOUCurry_00.jpg

お肉がいっぱいで嬉しい!!!

感想としては、この改造は成功と言える。

肉も軟らかくなったし、
さらっとした辛口のカレーにも適合的でしたん。

この手法を使えば、
肉の貧弱なレトルトカレー一般でも満足できるかも!

って、圧力鍋まで持ち出したんなら、
フツーにルー使って作れという気がせんでもない。

結局、これは徒花なのぉ~????

そういえば、デリーって店のカレーソースが何種類か
出ているでしょう?具無しのやつ。

あれにもカシミールカレーというのがあるのだけれど、
それでビーフカレー作ってみたいと思っていたのだが、

その際にはこのように作れば良いんじゃないかと
考えていたのを試してみたのがこの改造レトルトカレーと言うわけ。

で、この手法で良いじゃないとゆーことで、
確かに扱っている覚えのあったスーパーで
デリーのカシミールを買おうと思って探したら、
他の種類のはあったのにカシミールが無くなっててがっかり。

まぁ、通販すればいいだけのことなんだが。

通販といえば、先日、朝にPCの電源を入れたら、
先晩まで使えていた液晶ディスプレーがいきなり
ぶっ壊れててびっくりしました!!!!
電源が入らんようになってたんですよ。

で、代わりを買わねばしゃぁ~ないってんで、
色々検討したのだけれども、結局アマゾン。

サブ機に使ってるタブレットPCから注文して、
翌日には到来とゆーーーー。

にしても、液晶ディスプレーの勢力地図というのは、
随分と書き換えられているようですねぇ。

って、あんまり興味ないけど。

でわまた!!

***

明日も富士山に行くつもりです。
頂上へは行かず、中腹でごにょごにょする予定~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク