富士山登山2016年1回目(御殿場口夜間 その2)

さて、御殿場口頂上に到達したのは0307。

御来光は剣ヶ峰から見たかったのと、
頂上WCに行っておきたかったので、
富士宮口頂上へ移動しました。

御殿場口頂上と富士宮口とはすぐの距離です。
ちょっと登ってちょっと下りたら富士宮口。

201607_FUJI_GOTENBA_Goraikou_01.jpg

頂上WCは4時かららしいんだが、それにしても寒っ!!!

いや、寒いのは過去2回の経験から知ってたんだが、
それにしても寒っ!!!!

その時、僕の服装は上はアンダーアーマー(以下UAとす)の
ヒートギア長袖に同UAのストームという防湿防風ジャケット、
下はインナーにUAヒートギアのレギングスと、トレ短パン。

うん、ちょっと寒そうだが、移動中はこれで充分なんだよ。
頂上で停まれば寒いであろうことは予想していたので、
なるべくゆっくり登りたかったのだが、結局、1時間以上
待つことになって、寒っ!!!もう、ガタガタ。
富士宮口頂上神社の石垣の陰で震えてました。

結局、レスキューシートを体に巻き付けたんだが、
もうね、びっくり!!
あんな銀紙的なペラペラシートを巻き付けるだけで、
もう寒くも何ともないとゆーーーー。

それにしても、おいらがガクブルしている前を、
短パン半袖Tシャツの西欧人が何人も通り過ぎて行ったんだが、
彼らの耐寒性能はどうなっているんだ???

で、4時を過ぎたので、頂上WCのあと剣ヶ峰へGO!

201607_FUJI_GOTENBA_Goraikou_02.jpg

丁度、御来光ツアーっぽい集団が隊列組んで移動し始めたので、
うおぉぉぉ~っ!!!と登ったら、息が上がってしまいました。

でも、頂上であんだけ動けるようになったのだから、
やはり僕の身体能力は上がっていたのです。めでたいです。

剣ヶ峰の有名な石碑の近くは混んでいるので、
直下に陣取って御来光を待ちました。

ずらりと並んだ善男善女が御来光を待ちます。

剣ヶ峰からは頂上東側の火口縁が前景に入ってくるので、
なんもない雲海から登ってくるのを見たければ須走口
頂上方面へ回らねばならんのですが、
あっちの混雑はトンデモなさそうなので、なんか嫌。

そうこうしているうちに…

201607_FUJI_GOTENBA_Goraikou_03.jpg

なにやら雲の中の1点が輝きだして…

201607_FUJI_GOTENBA_Goraikou_04.jpg

おぉぉぉ~

201607_FUJI_GOTENBA_Goraikou_05.jpg

御来光!!!

んでもって、リベンジ達成!!!
あぁ~長かったぁ~
っても、これで人生が変わったりするとは全然思わへんけどね~

でもさ、なんで雲の中から出てくるん??

太陽って、宇宙空間のはるか彼方じゃん?

でも、みてたら雲の中からずももももぉ~っと出てきた
ような錯覚がある。まぁ、実際、錯覚に違いないのだから、
どうでもいいのだけれども。

それにしても、
日が上がるだけでたちまち暖かいというのは本当に凄いことで、
太陽信仰は極めて自然で素直なものなのだという感じがする。

太陽は凄すぎ!!

日が昇って、すっかり明るくなったので、
お鉢巡りに出発しました。

201607_FUJI_OHACHI_01.jpg

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク