メヒカリの自家製干物

載せるのは3回目くらいになるかもしれんけど、
やっぱ簡単で美味いので載せます。

201602_mehikari_himono_00.jpg

つーわけで、メヒカリの自家製干物の焼いたんです。

メヒカリというのは深海魚の小魚で、
標準和名はアオメエソとかいうらしい。
伊豆ではトロボッチとも呼ぶらしく、
まぁ、駿河湾では深海トロール漁の獲物なので、
漁期にしか食えない。

でも、稀少というわけではなく、売っていれば手頃な値段。
ただ、スーパーではみたことないなぁ。
沼津港の観光客向け魚屋では売っているのを割と見かける。

で、食い方なんだけど、フライも美味いが、
我が家的には干物、一夜干しが最強ということになっている。

作り方は簡単です。

201602_mehikari_himono_01.jpg

メヒカリです。

下ごしらえで重要なのは

201602_mehikari_himono_02.jpg

鱗を取ることでしょうか。

ところで僕はカマスの干物が好きなのだけれども、
市販の既製品には鱗が残っていて、皮が美味しく食えないのが不満です。
鱗はちゃんと取っておかないと美味しくありません。

それはメヒカリのような小魚でも同じで、
ちょっと手間でも鱗を取っておくのが勝利への王道なのです!

で、はらわたは頭ごとぶった切るのが楽で良いです。
頭は食いたいものではないですし。

201602_mehikari_himono_03.jpg

肛門から頭の後まで斜めに切り落とすと、はらわたまで綺麗に取り除けます。
腹腔部分が少しは残るけど、綺麗に水洗いします。

そうそう!

このメヒカリ達のおなかが張っていて、少しごりごりしていたのですが…

201602_mehikari_himono_04.jpg

おなかの中にはアミの様な小さな甲殻類がみっちりつまっていたのでした。

腹の中に何があるかを見るのは丸魚を捌く楽しみのひとつなのですが、
メヒカリのような小魚でも、それは同じです。

3%の塩水に日本酒を適当に加えたものに1~2時間漬けます。

201602_mehikari_himono_05.jpg

まぁ、時間はかなりアバウトです。自家製ですから、まぁ、気楽に。

僕は自家製干物の塩水の濃度は3%ということにしています。
この程度なら塩辛すぎることはないし、薄ければ後から醤油をかければよろしい。

塩水を切ったら、金串に刺して、

201602_mehikari_himono_06.jpg

針金ハンガーを適当に曲げたのにぶら下げる。

これを夜から朝までベランダにでも吊せば完成。

外気に晒すのに抵抗があるならば、網の上にでも並べて、
ラップ等をあぶせたりしないで冷蔵庫に入れておいてもいいです。
(→冷蔵庫を使う自家製干物はこちら)

あとは焼いて食うだけだ。

焼き方は色々あるのだろうけれども、家庭では結局ガステーブルの
グリルが最強なんじゃないかな?
でもうちのには付いてないので、仕方なく…

こんな焼き方をしました。

201602_mehikari_himono_07.jpg

以前はもっとがんばっていたのだけれども、最近は気力がないやぁ~

今使っているガステーブルの有効口径が狭くて、魚が焼きにくいのです。

だから尚更、電気のフィッシュロースターが欲しいのだけれども、
まだ買っていないのです。だから、去年の秋にはサンマは食いませんでした。
今年こそ買いたいです!!!

そういえばリンナイから名器!!!RTS-2CTの後継機が出たようですね。
ったくよぉ~もうすこし早く出してくれていたら買ったのによぉ~


さて、メヒカリ…

201602_mehikari_himono_00.jpg

ヒレと中骨は気になるのでほかすとしても、小骨は全然気にならず、
とても食いやすいです。身質は細かくて柔らかく、変な癖もありません。

極めてあっさりとして美味しいものです。

だから、シーズンには何度か作って食いたくなります。
期待を裏切らない美味しさがあります。

興味がある方はお試し下さい。こういうのは娯楽ですから。


でわまた
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク