バッテラ(既製品のしめ鯖で作る手抜き編)

モバイルで申し訳程度に更新していたら、
それなりに更新している気分になってしまっていて、
気がつきゃ10月も半ばになってましたねぇ~。

この時期、関西人的には鯖寿司を作らねばならんとて、
でも、とりあえず、
既製品の締め鯖を使って手抜きでつくりました。
しかもバッテラ!

201510_baxtutera_00.jpg

手抜きなんで、説明も簡潔に!

え~先ず、バッテラは鯖寿司とは違います。
とりあえず、関西人的には両者は別のものです。

っても、俺の関西人と他の関西人は異なるのかもしれんが、
とりあえず、安易な一般化しちゃってもいいよね。
って、最初からそのつもりですが、
ええ、こんな泡沫ブログに厳密なお話を求める方が間違いです。

で、なんしか、俺的関西人的には鯖寿司とバッテラは別のもんで、
フツーに鯖寿司といえば、それは鯖の棒寿司。

sabasushi_201010_00.jpg

201211_sabasushi_00-1.jpg

sabazushi_kantan_00.jpg

こんな感じですね、鯖の棒寿司。全部、おいらが作ったもんです。

過去、何回かエントリしてますが、一応、ひとつだけリンク→こちら

ま、鯖をネタに使った寿司を最広義の鯖寿司として、
狭義の鯖寿司は締め鯖をネタとする鯖寿司とすれば、
バッテラも棒寿司も狭義の鯖寿司に収まる。
んで、棒寿司を最狭義の鯖寿司とすればオッケー

ん~でも、広義の鯖寿司はどう定義すりゃいいんだ?

ん~…こんな言葉遊び、あほくさいから止めます。

で、まぁ、とにかく、俺的にはバッテラというのは
締め鯖を使った押し寿司なんだよ。

で、身は削いでなければならん。
半身を1枚まるまると使ってるのはバッテラではないと断言する!!!!

んで、バッテラは白板昆布を着せてないとあきません。これ、重要!!!

つー訳で、にわかに白板昆布が欲しくなって、
この辺なら清水町の『食遊市場』にあるんじゃね?と尋ねたら、
市場内の『坂部のり』ってお店にありました。あぁ~よかった!!!

これが白板昆布でおます。

201510_baxtutera_01.jpg

おぼろ昆布を搔いた残りの芯のところですね。
せやし白いん。

最小販売単位は50枚なんで、ちょっと根が張るが、まぁ、仕方ない。
これがないとバッテラにならんしね。

でも、このままでは使えません。

201510_baxtutera_02.jpg

当然、加工せなあきまへん。

でも、簡単。
酢と砂糖と塩を混ぜたんでサッと炊いて冷ましておきます。

201510_baxtutera_03.jpg

そんだけ。
分量は、まぁ、適当に探って下さい。味見して作ったらええです。


で、今回は手抜きなんで…

って、白板昆布炊いといて手抜きというのも変な話ではありますが、

201510_baxtutera_04.jpg

既製品の締め鯖と『すしのこ』です。

まぁ~合わせ酢作るくらい手間でも何でもないのですが、
気分的なもんです。

で、この出来合いの締め鯖ですが…

201510_baxtutera_05.jpg

これが結構いけるんです。

『ビッグ富士』に売ってるんだが、絶賛リピート中~
既製品の締め鯖にありがちなパサパサ感とかスカスカ感がなくて、
脂ものってて結構かなりいけてます。

まぁ、不慣れな人が生鯖から締め鯖を自作するよりは安全だよな~

俺は作り馴れてると自負してるんだが、それでも、2年前だったか、
あたってしまったんですよ!!!!自作の締め鯖!!!!
もうね、熱出て、痒い痒い!!!

どうも、しまり具合がおかしかったので、妻は一切れで止めたんだが、
僕は気にせず食ってたら、そのあとしばらくしたら、きゃぁ~

だから、まぁ~自宅で鯖寿司を初めて作る人は、
とりあえず既製品の締め鯖で作るといいと思いまぁ~す。
締め鯖色々試してみて、美味しいの探して下さい。

続けます。

で、バッテラは押し寿司なんで…

201510_baxtutera_06.jpg

型の中に、半分に切って2枚に削いだ鯖の身を敷きまして…

201510_baxtutera_07.jpg

とっくに作って冷ましておいた酢飯を詰めまして…

201510_baxtutera_08.jpg

ギュンと押したのを

201510_baxtutera_09.jpg

取り出して、

201510_baxtutera_10.jpg

炊いて冷ましておいた白板昆布を着せたらok!

切り分けて盛りつけたら完成!!!

201510_baxtutera_00.jpg

この昆布越しに透けて見える鯖模様が素敵なんですよねぇ。


尚、添えてあるのはかんぴょう巻きです。
大好きなんですよ。かんぴょう巻き。

経験上、酢飯が余るのは判っていたので、
余った分で作ろうと思い、

201510_kanpyou_01.jpg

かんぴょうを炊いておいたのでした。

201510_kanpyou_02.jpg

かんぴょうの炊き方は、また別の機会にします。


んじゃ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 料理日記
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク