奈良散策

帰省。
 
まず妻の実家に泊まり、お盆の大掃除を手伝った。
背も高いし力もあるというので、大変重宝された。

夜。
丁度、奈良公園では『なら燈花会』というイベントがあり、
妻と出かけた。妻の実家からは徒歩圏内である。


『なら燈花会』というのは、写真のように奈良公演の芝生の上に
キャンドルを だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~っ と並べたもの。

toukae.jpg

なかなか幻想的です。

そのあと東大寺の南大門へ回り、夜の仁王さんと対面。

niou.jpg

これって国宝なのだが、一年中タダで拝めるというのはすごい。
しょ~もないもんをカネとって見せる所もあるというのに。
実におおらかですな。

翌日は手伝いから解放されたので、朝から久しぶりの奈良散歩。 

木陰では若い雄鹿の群れ。

shika_01.jpg

こちらは子連れの雌鹿の群れ。

shika_02.jpg

バンビ

bambi.jpg


奈良町の身代わり猿。

migawarisaru.jpg


奈良町は、いまやすっかり観光地になって賑やかだが、
僕が初めてこの界隈に足を踏み入れた二十数年前は何もなかった。
ひと気の少ない、単なる住宅街。
夕方なのに歩く人はおらず、街全体がしんと静まりかえり、
家々の軒先からは「身代わり猿」がずらりとぶらさがり、
格子戸の奥から誰かに見られているような気がしました。
「わぁ~なんやここは??」と感動したことを覚えている。

猿沢池

sarusawaike.jpg

真ん中に興福寺五重塔の先端が見える。

もう、20年くらい前になるか、一時期この池の真ん中に噴水が作られて、
風情も何もぶちこわしだった時期がある。
初めはコンクリートの不細工な忌々しい丸い噴水装置で、
次に自然岩を組み合わせた装置に変更されたと思うのだがどうか?
いずれにせよ、猿沢池に噴水なんか要らん。
噴水なんかなくても龍が昇るからええの。
完全撤去されて本当に良かったと思う。


というわけで、しばらく帰省関連のネタが続きます。
もちろん、食いもんの話も登場します。乞う御期待。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク