活ホタテの焼き霜

201509_hotate_yakishimo_00_01.jpg

先日、イトーヨーカドーに行ったら、三島店ですが、
なぁぁぁ~んか、いつもよりお客が多くて。

ってのは、夏頃からチマチマ進めていた改装が終わったってんで、
特売とかしてた訳です。

改装では新規に『LOFT』とか出来たんだが、
あんまり大して僕にはカンケ~ないようで、
それよか、食品売り場の改装の方が気になるわけです。

んで、食品売り場、結構あちこち手を入れたようで、
棚の配置とかもかなり変わってしまい、
馴れるのに時間がかかりそうだ。

品揃えも見直したみたいで、しばらく観察が必要かと。
若干の高級化路線なのかなぁ?

そうそう!

酒のスペースがめちゃでかくなりまして、特にワインな!
ワイン用の冷蔵庫がだぁぁ~っと。
泡もんもばぁぁ~っと並んでまして、モエシャンもフツーに
売ってるとゆーー。3000円台のカヴァとかもあるし。

特筆すべきはセラー冷蔵庫に、な!なんと!!!
ボルドー5大シャトーのご本尊とセカンドが揃っているとゆー。
あんなん誰が買うのん?俺はよぉ買いませんが、当然!!!

もうね、高級ワインには手を出さないことにしておりますの!!

つーーか!!!

出す手がねぇーーんだよ!!!この野郎!!!

昔はおいらでもラフィットやラ・ターシュにも手が出せたんだよぉぅ!
まだ手が出せる値段だったんだよ!20年ほど前は!

でも、まぁ、ワインなんて、ある程度の値段を超えると、
価格差は味わいの差ではなくなると思うんですよねぇ~
だから、高級(高額)ワインに興味は無くなりました。
そこそこ美味けりゃいいんだよ!
酔っ払ったら苦しくなるのは同じだ!!!

っても、ごちそうして貰うのは大歓迎だとゆぅーーーー
もちろん!!見返り無しでなっ!

まぁ、そういう戯れ言はさておき、
相変わらず、一部特定銘柄の焼酎や日本酒の値段がなぁ。
大手があんな値付けをしていてはいかんと思うんだがなぁ。
プレミア価格でも買う奴がいるからなんだろうけどさ。

ま、俺には関係ねぇ~けど。
俺はプレミア価格では絶対に買わんし。



で、その日は、新しくなった対面式の魚売り場で活けのホタテが
15個で980円だったか、そんなんで売ってたので、買いますた。

201509_hotate_yakishimo_01.jpg

折角なので、刺身で食うかと、

201509_hotate_yakishimo_02.jpg

でも、貝類はちょっとだけ火を入れた方が純生よか圧倒的に美味いと思うので、
焼き霜にしました。

こんな風に…

201509_hotate_yakishimo_03.jpg

セラミックコーティングの焼き網に乗せてばーっと炙るだけですが。

で、焼き霜造りはばーーっと炙った後では速攻冷やす訳ですが、
よくやるのが氷水へ突っ込むとゆーーー

でも、あれって水に浸しちゃう訳だから、ものによっては良くない。
だとえば、鰆や太刀魚みたいな皮質の魚を炙って水に突っ込むと、
どうも皮がぐずってしまうのでよろしくないです。

だから、僕はそういう魚に関しては炙った後は網に乗せて
フリーザーの中、冷風がモロに当たるとこへ突っ込みます。

でも、このホタテはこうしてみました。

201509_hotate_yakishimo_04.jpg

かちかちの保冷剤の上にラップを敷きまして、
そこへ乗せて急冷するとゆー。

両面を炙りたいので、片面炙って冷やしたらもう一面炙って冷やす。
両面を1度に炙ると、片方の面の冷却が遅れるのでよろしくないです。

この方法は、準備も片付けも楽なので、結構使えると思います。

適当に切って盛りつけて完成~

201509_hotate_yakishimo_00_01.jpg

この火の入った表面と生の内部の対照が美味しさを呼ぶとゆー。

201509_hotate_yakishimo_00_02.jpg

あと、これは絶対に山葵醤油ですよねー。
焦げ味と山葵が呼び合う訳です。

山葵は本山葵をその都度すって使います、当然。
山葵に関しては、当地には地の利があります故。


んじゃ、また!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク