鱧の棒寿司

買って帰った鱧の第二弾!

201508_hamo_bousushi_00_01.jpg

鱧の棒寿司!!!!

自分で鯖や鯵で棒寿司を作ったことがあるならフツーに作れるかと。

骨切りしてある鱧に串をうちます。

201508_hamo_bousushi_01.jpg

焼きます。

201508_hamo_bousushi_02.jpg

途中、タレを何度かかけながら焼きます。
タレは醤油と味醂を同量でいいんじゃないかな。

201508_hamo_bousushi_03.jpg

ここで骨切りし立て活かってる鱧を焼くと、
身がぷぅーとふくれて、
骨切りの切れ目1つ1つがぱぁーーっと開いて、
タレが中にさぁーっと染みていくんですが、
まぁ、骨切り済みのしまった鱧では仕方ないですね。

もちろん、焼いてある鱧を使えば更にお手軽ですが。
自分で焼くより美味しかったりしてなっ!!!!!

で、酢飯を巻くんですが、本来、晒し布を使うべきところ、
なんか、晒しを汚して洗うの面倒くさく思ったので、
不織布のキッチンペーパー使ってみました。

湿らせたキッチンペーパーに焼いた鱧を据えます。

201508_hamo_bousushi_04.jpg

皮には切れ目を入れると良いでしょう。

別途用意した酢飯を、
鱧の切り身を見ながら酢飯の量を加減しつつ、
縦長のおにぎりにして、鱧の上にかぶせます。

201508_hamo_bousushi_05.jpg

尚、鱧は鰻や穴子に比してかなりあっさりした味なので、
酢飯の味加減がきつすぎるとバランスが良くないです。
特に酢がキツイのは合わないと思う。
鯖寿司用よりも優しい味付けで。

ペーパーでくるっと包んで手で絞めて形を整えます。

201508_hamo_bousushi_06.jpg

鯖寿司程にはキツキツに絞めない方がいいかと思う。
もちろん巻き簀を使ってもいいでしょう。

開くと…

201508_hamo_bousushi_07.jpg

案外、悪くないよね。

切り分けて、盛りつけて完成!!

201508_hamo_bousushi_00_02.jpg

料理屋のと比べるべくもないが、家庭料理なんだしっ!
これでも充分に鱧の棒寿司を食った気になれます。

因みに、鱧の棒寿司というのは店屋ではかなり値の張る物です。
だから、京都とかの割烹なんかででお土産に作らせるなら、
まぁ、懐具合には注意した方がええでしょう。

って、大きなお世話ですが。はい。

つー訳で、こういうの、
身内で食うだけならフツーに日常的に作ればいいと思います。


んじゃ、また。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク