ブリカマの「いしる」で焼いたん(付録:今日の富士山の写真)

今日は珍しく、朝からずっと富士山が見えている。
当地に来て4年、夏に富士山が見えるということは珍しい。
冬にいつも富士山が見えているはずの方角は、
夏の間はいつでも白くもやっとした空があるばかりなのである。
それが今日は富士山がスカッ!と見えていた。
(クリックすると拡大)
natsufuji.jpg

左手前に見えているのは「愛鷹山系」。
低そうに見えるが主峰の「越前岳」は1504mあって、
天城の万三郎よりも高い。
それでも、後ろに御大が控えているからか、
いまいち不遇である。 

さて、今日の料理は「ブリカマのいしるで焼いたん」。
ちと季節外れだが、沼津の魚屋で安かったので。

作り方
burikama_01.jpg

長崎産の天然ということだ。2匹分で580円也。

ブリカマの調理で重要なのは、丁寧な下処理にある。
血を洗い流すことの他に重要なのは、鱗を取ること。
ただ、ぶりの鱗は細かく、鱗落としでも上手に取れない。
そこで包丁ですき引きにする。
そうしてやると皮も食えるし、
鱗が口に入って不愉快な思いをすることもない。

burikama_02.jpg

(↑ところどころ包丁の角度を誤って皮まで引いている悪例)

塩焼でもいいが、今回は「いしる」という能登地方の調味料を
酒で割ったものに漬け込んで焼いた。

burikama_yaitan_01.jpg

「いしる」というのは、所謂「魚醤」の仲間で、これはイカを
原料とするもの。生だとイカ臭いが、焼くと風味がよい。

burikama_yaitan_00.jpg

刺身より、こっちの方が美味いかもしれんな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは^^/

はじめまして^^/政さん。

おいしそう!鰤のカマですか~。
食べると魚のおいしい脂がジュワ~ってしみでてくるんでしょうね。
「いしる」も初めて聞きました。烏賊の魚醤なんですね^^。ちょっとクセがあっておいしそうですね^^/

また遊びに来ます^^

リンクのお願い

たびたびです。
りんくはってもいいですか?
よければオイラのところも見に来てやってください^^/

>秘匿コメント殿
いつも有り難うございます。
今年は本当に休日ごとに天気が悪く、
山に全然入れないままに梅雨から夏です。
あまり紹介されない伊豆のマイナーな
ルートも紹介したいのですが、なかなか条件が整いません。
ぼちぼちやっていきます。
これからも、どうぞよろしく。

>たか様
はじめまして。コメント有り難うございます。
「いしる」は数年前、石川県の物産展で知って以来、常備しています。
かなり長持ちするので、見かけたときに買っておくと丁度いいです。
これってホタテの貝柱に付けて焼いても美味いんです。
それから脂の乗ったブリの刺身につけて食うのもいけます。
そのときは山葵ではなく辛み大根がいいです。
さて、リンクの件、承知しました。
はってください。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク