久しぶりにロールケーキを焼いた

おっさんもケーキを焼こうシリーズ

201506_rollcake_00.jpg

久しぶりにロールケーキを焼いてみたのだった。

なんだかんだで、今はこんな配合でやっている。

201506_rollcake_01.jpg

玉子L … 5個
薄力粉(アンシャンテ) …90g
グラニュー糖  …100g
水飴 …小さじ1杯程度
牛乳 …40g

玉子を湯煎にかけながら泡立てるとかいう教科書も多いけど、
面倒だから僕は最初にお湯に玉子を浸して温めちゃいます。

そこへグラニュー糖と、湯煎にかけて柔らかくしておいた水飴。

201506_rollcake_02.jpg

泡立てます。

これは共立てなんだけど、
これって、もう、はっきりいって、
電動泡立て器が無いとやってらんないでしょう。

そういや、昔々、僕がお菓子作りに目覚めた40年ちかく昔のこと、
別立てでやってたんですよね。だって、それしかお菓子本には
載ってなかったし。

別立て方の方が共立てに比べて泡立てが楽な筈なんだが、
卵それでもかなりしんどかった覚えがある。
ましてや共立てなんか、手動でやってらんないでしょう。

まぁ、ようするに、なんだ。
何が言いたいかというとですな。

電動泡立て器無しではやってらんねぇ~っ!!!

ってことです。

つーわけで、スゥィーツ作りをしたいおっさんは
電動泡立て器を買いましょう。

僕の使っているのはブラウンのマルチクイックなんで、
専用機では無いけど、いまんとこ、これでいけてます。

そういや、いまやってるNHK朝ドラで、
ヒロインが手動でメレンゲをこさえていたけど、
あれってリアリティあんのかなぁ?
プロの現場では電動使うのが当たり前なんじゃないの?

で、数年前、ロールケーキを作り始めた頃には、
なんか固い、全然膨らまない、なんともとほほなスポンジ、
つーか、
スポンジとはとても呼べない代物を焼いていたんですが、
あるときその原因は泡立て不足にあると気づいたのでした。

電動では泡立てすぎに注意とかいうのですが、それを恐れて
泡立てがあまいと綺麗に膨らまない、冷めたらぺしゃんこです。

で、僕の泡立て完了の目安は…

201506_rollcake_03.jpg

こんな感じ。泡立て器ですくうとヒラヒラっと流れ落ちる程度。

まぁ、こういうのは表現の問題もあるし、自分で判るしかないんだが。
でも、いちど判っちゃえば、後は失敗しません。

そうそう。地味な存在だけど

201506_rollcake_04.jpg

ボールの下に敷いて傾きを維持せしめるこの器具は是非買いましょう。
はっきりいって、これが無いと泡立てるの嫌ですわ。

小麦粉を混ぜ混ぜします。
予めふるっておくのは当然だ。

んで、僕は手動の泡立て器を使ってぐるんぐるん混ぜます。
教科書的にはゴムべらなんだけれども、まぁ、いいぢゃないか。
これで問題なく作れているのだし。

因みに、泡が消えるのをおそれて混ぜが足りないのはダメだそうです。
つーか、しっかり泡立ててあったら、そんなに泡がつぶれるモノでは
ないらしい。

だから、しっかり泡立ててしっかり混ぜるというのが
スポンジのコツということになるのだろう。


最後に、牛乳を混ぜる。

バターよりも牛乳の方がおいしい気がするんだ。

201506_rollcake_05.jpg

クッキングペーパーを敷いた30cm四方の専用天板に生地を流します。
ハッキリ言って、ロールケーキ用の専用天板を買うべきかと。
使いやすさも仕上がりも違うんだよ。
オーブン付属の天板には、かなりイライラさせられましたしね!!!!

クッキングペーパーはシリコン加工の高温調理用ですな。
グラシン紙より使いやすいと思う。

200度余熱で、余熱後5分。その後、180度に落として12分で終了~


網の上で冷ましますが…

201506_rollcake_06.jpg

冷めたら皺になるのが悲しい。

きっちり冷めたら、クリームを巻き込みます。

201506_rollcake_07.jpg

丹那の生クリームで地産地消~生クリームは47%だよね~

砂糖を入れて、僕はかなりしっかり目に泡立てちゃいます。

201506_rollcake_08.jpg

流動性を失う程度に。

生クリームを塗り伸ばします。

201506_rollcake_09.jpg

はっきりいって、専用道具を買いましょう。
以前はお好み焼きのコテで塗ってたんですが、
使いやすさが全然違います!!!!

天板に敷いてあったクッキングペーパーを上手に使って巻きます。

201506_rollcake_10.jpg

このときなんですなぁ、グラシンよかこっちが良いのは。
丈夫だから綺麗に巻けるんですよ。

巻き方のコツとかは、ごめんなさい。知らんわ。
なんかしらんけど、最初からそこそこ上手く巻けたんです。
だから、コツとか知りません。
まぁ、いいじゃないですか、適当で。
売り物にするわけじゃ無し、そのうち上手くなりますって。

にしても、焼き色面を表にして巻くのはどうするんでしょう。
つーか、焼き色ムラが無くて皺の無い焼き色面が表になった
ロールケーキには憧れがあります。
家庭用オーブンではあのムラの無い焼き色は無理なんかなぁ?

そして、ラップで包んで冷蔵庫へ。


さて!!!

201506_rollcake_11.jpg

作った人の特権!!!

クッキングペーパーにこびりついた生地をカードで剥がして

201506_rollcake_12.jpg

残ったクリームをのせて食うのです!!!

丁度、カステラの底紙に付着した生地を剥がして食うのと
同じ喜びと美味しさがあります。


冷蔵庫できっちり冷やしたら、切り分けて完成です。

201506_rollcake_00.jpg


ん~ナイフを温めて湿らせるのサボったら、
やっぱ切り口が乱れてしまって、ちょっと後悔です。


最後に、久しぶりのアフィリ活動、
大いに参考になったお菓子レシピ本を紹介しときます。




『小嶋ルミの決定版ケーキレッスン』(柴田書店)

収録レシピは少ないのですが、説明が丁寧です。
過程の写真も多数載っていてとても判りやすいです。
でも、「簡単」をウリにしているレシピ書ではないです。
道具の使い方、混ぜ方等の技術的側面について、
とても細かい指示と説明がなされています。
そういうのが面倒に思う人には向かないでしょう。

って、紹介文が使い回しやけど、まぁ、いいよね。

でわでわ~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク