家庭料理に関する僕の考え

当ブログは
「箱根西麓に妻とふたりで住んでいる関西人の専業主夫の料理日記」
です。

家庭料理のレシピがメインコンテンツなので、
僕の家庭料理に関する考えを述べます。

基本的には、家庭の料理だからといって
簡単である必要もお手軽である必要もない
と僕は考えます。
手間がかかろうとも、特殊な食材が必要でも、
作ってみたいから作る。食いたいから作る。
訓練する。工夫する。調べる。考察する。
それだけのことでしょう。
故に食材、調理器具、技法等の観点から、
一般的には専門料理と思われてることでも、
自分が可能と思うなら手を出します。
だから、鱧の骨切りも自分でします。

家庭料理でも、
工夫も苦労も失敗もせずにぱっと出来ることを願うのは
アマイでしょう。 

家庭料理だからといって、
原則的には手を抜くことはしたくありません。
「手間はかかるが美味い」方法を可能な限り採用したい。
なにしろ家庭料理では手間暇に原価は発生しないのだから。
(余談だが、よく「旅とグルメ系」のTV番組で
「手間暇を惜しまず・・・」とか言うが、
そんなことをウリにするのは止めて貰いたいものだ。
それなりのお代を取っている筈なのだから。
そもそも、家庭では出来ないような手間暇をかけてこその
料理屋ではないか。
アタリマエをウリにして欲しくないと言うことなのである。)

和食にはインスタント出汁の類を使うことはありえません。
だって、美味しくないから。
出汁はその都度とります。
昆布と鰹節、混合削り節、鰯節、煮干し、材料は色々。
妻の弁当の出汁巻きやお浸しを作る場合でも、
朝からそのようにします。
だって、その方が美味しいから。
こんなことは、慣れれば大したことではありません。

僕は基本的に材料や調味料の計量はしません。
故に当ブログにおけるレシピでも量は明示出来ません。
その点からいえば、
当ブログは役立たずの「料理・レシピブログ」です。

しかし、料理のお加減は味見をしながらすればいいので、
何の問題もありません。
和食の汁物・煮物では「お加減体得主義」が重要だと思います。
自分と、その料理を食べてくれる身内が美味いと思うお加減に
すればいいだけのこと。

いつもの鍋で
いつものコンロで
いつもの調味料で
味見をしながら
自分が作る。

何度も作っていれば自ずと適当なお加減を感得できます。
難しいことではありますまい。

僕は「教科書料理」が好きです。
作るのも、店で食べるのも、
「料理の教科書に載っているような基本的な料理」
が好きなのです。
だから昔から作り続けられている「教科書料理」を
上手に美味しく作れるようになることが僕の望みです。

僕は盛りつけが苦手です。
だから料理の写真はど!アップで誤魔化しています。

等々・・・

とまぁ、なんだか気取ったことを色々書いていますが、
今のところはこんなことを思い乍ら、毎日の料理を作っています。

定期巡回していただいている皆様、
一見さんの皆様、
これからもどうぞよろしくお願いします。

当ブログは専業主夫にとっては社会へのささやかな窓であります。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

覚えていますとも。

>秘匿コメント様
えらいご無沙汰でしたが、覚えていますとも。
あのワイン会も。
ラフィット、イケム、金色帆立爺の59年feinste auslese。
貴殿もお元気そうで何よりです。
僕はいまだにこんな感じでやってます。
また、皆さんとお茶の水でワイン会が出来たらいいですね。
ご推薦の中華まん、次に中華街に行ったら試してみます。
年に2,3回行きますが、そろそろなのです。

またコメントをください。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク