ヤリイカの細造り

201412_yariika_00_02.jpg

御殿場のジムの帰りに『アオキ』に寄ったら沼津港産のヤリイカがあった。
パックの上からイカの体表をすっとなぞるとサァーっと色素胞が反応した。
値段も手頃だったので買って帰ったという訳。

ああ!ヤリイカ!!美味いよね!!!!
スルメイカより高いけど、確実に美味いよねっ!!!

201412_yariika_01.jpg

んで、まぁ、こんな新鮮なヤリイカはお造りに限るよねえ~ってんで・・・

201412_yariika_02.jpg

ばらして・・・

201412_yariika_00_01.jpg

お造りにしてみますた。

因みに後ろに見える色の濃い部分はエンペラの部分刺身です。
コリコリシャクシャクした食感がいいんですよ。

山葵はもちろん伊豆の本山葵です。
当地は手頃な値段で冷蔵庫に常備できる環境なんですなぁ。
いいだろっ!!??

んで、イカの表皮、色素胞のある皮を剥いだすぐの白い身の表面なんですが、
ここは皮なのか違うのか、まぁ、どっちにしろちょっと硬くて、その硬さは
細造りにしても変わりなく口に障るのが難点だと思うのです。
で、それはまるで肉の硬いスジのように味わいを損ねると僕は思うので、
それを回避するべく・・・

201412_yariika_03.jpg

んな風に内側の身の方から硬い表の方を残して削いでしまってから細造りにします。

切り取った硬い皮の部分はゲソと一緒にバター炒め等にするので無駄になりません。

まぁ、馴れてしまえばこんなの別にどぉってことはないのであります。
僕は料理の手が遅いのですが、そんな僕でも捌き始から完成まで10分ほどです。

ちょっとの手間で絶品のヤリイカ刺しがあなたの食卓に!!!
マジ!
魚介等、自分で捌ける様にならないのは人生を損していると思います。
これ、かなりマジです。

んじゃ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク