クラムチャウダー

この前、山歩きから帰って、なんか作るんめんどくさいし、
改めて外へ食いに出るのも億劫だという訳で、
うちにある適当な即席食品でも食っておくかということになり、
牛乳でのばして温めるだけ的なクラムチャウダーを食ったのでした。

まぁ、味とかそんなもんは最初からも予想通りで、
それ以上でも以下でもないものだったので、
特筆すべきことは何も無いのですが。

ただ、あーーーーっ!久しぶりにクラムチャウダーでも
作ってみっかぁぁぁーーーっ!という気になったので・・・

201411_clamchowder_00.jpg

作ってみますた。

まぁー作り方は色々あるでしょう。

僕の方法~

201411_clamchowder_01.jpg

アサリ、5mm厚のベーコン、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ

んで、僕はアサリ等、二枚貝の砂が許せないんだ。
食ってるときに砂をかんだ、あの!あの!!あの!!!
あのガリッ!!という食感!!
あれが許せなくて許せなくて、もうね。

だから~
加熱して蓋を開かせたアサリは、汁を漉したら~

201411_clamchowder_02.jpg

水の中へぶっ込む!ぶっ込んで洗う!!

いいんだよ!!これくらいで抜ける風味なら最初から無いのと同じなんだよ!!

201411_clamchowder_03.jpg

・・・

201411_clamchowder_04.jpg

刻んじゃえ!!!!

いやぁーーー
俺、味だけでええんよ。アサリの身ぃ~とか食わんでもええし。

後は、野菜等炒めたとこへぶっ込んで・・・
煮汁も漉して入れるのだ!当然!!!

201411_clamchowder_05.jpg

これ圧力鍋だから、加圧してガーーーっと!

201411_clamchowder_06.jpg

その間にホワイトソース作ります。

201411_clamchowder_07.jpg

ソース作りの参考書はこれがおすすめです!

201411_clamchowder_08.jpg



上柿本勝 著 『ソース』(柴田書店)

フレンチのフォンとジュとソースについて基礎知識と作り方が網羅的に載ってます。
で、基本的なソースをどのように発展させると何々になるとかの説明と作り方。
解説書でもありレシピ書でもあるという、結構、お得な料理書かと。

まぁ、一応、プロ向けの筈なんだが、んでもって、そういう料理書というのは、
家庭料理で使うには極めて非現実的な分量だったりするわけです。
が、この本に関しては家庭で参考にするにも極めて現実的な分量です。

とはいえ、最も基本的なフォン等に関しては、家庭料理的には非現実的な量ですが。
でも、フォンドヴォーとか、そういうのは家庭料理的には既製品を使えばいいんだからさ。
ハインツのシェフソシエシリーズなんか、結構いけるんじゃないですか?

まぁ、ね。こういう料理の専門書を手にしたからといって、直ちにあのレストランで
食ったのと同じ味があなたの家庭でも!!ということにはならないのは当然なのだが、
製法に関して何も知らないのと知っているのでは天と地の隔たりがあるのだし、
作ってみたら案外、結構おいしいものが出来ちゃった!!てへっ!!!というのは
家庭料理的には成功としたと言っても良いのだから、この手の専門書に手を出すのを
躊躇する理由はありません。

それに、なんちゅーても、こういう本は見ているだけで楽しいですから。
レストランで未知の料理にトライしてみるきっかけにもなるしね。
でも、店で質問するときは何も知らん振りしておくのが吉です。
どんな説明してくれるかというのも楽しみのひとつではあるね。

で・・・

201411_clamchowder_09.jpg

バターで小麦粉炒めて~

201411_clamchowder_10.jpg

牛乳入れてしっかり練り上げるとゆー

バターで小麦粉を炒めてると、ある時点でサラサラになるのがおもろいんですなー。
焦がしたらいけないのだけれども、炒めが足りないと粉臭いというか、なんというか。
サラサラになるまで炒めたら、たぶん大丈夫だが。

そういえば、なんか、小麦粉を炒めないでレンチンで作る手抜きホワイトソースとか、
レンチン・カスタードクリームとかあるみたいだけど、あんなの美味いの????
あと、片栗粉使ったやつとか・・・それ、ただの澱粉ノリちゃうん?

ゆうたらなんやけど、
小麦粉炒めてホワイトソース作るくらいの手間を惜しむんじゃねぇぇっ!

ホワイトソースって僕は高校生くらいの時に初めて作ったのですが、マジで感動しました
バターと小麦粉と牛乳と塩だけで、どうしてこんなにうまいものができるのかっ!って。
まぁ、どんなレベルのものが出来たのかは覚えていないのですが、確かに感動したこと
だけは覚えているのです。で、その感動がきっかけで!!!

いや、別に料理の道に行こうとは思わなかったのです。はい。


あとは柔らかく炊けた他の具材と合わせて、塩で味を決めて完成。
ここでブナシメジ入れときますた。フレッシュのマッシュルームは高いんだよ!!

201411_clamchowder_00.jpg

と、いうのを2日間かけて食い続け、3日目はさすがに飽きたので・・・

茹でたマカロニぶっこんで

201411_clamchowder_G_01.jpg

チーズ乗せてパン粉振りかけて焼いて

201411_clamchowder_G_00_01.jpg

グラタンにして食いました。

201411_clamchowder_G_00_02.jpg

目先が変わってよろしかったです。

以上!


そういや、クラムチャウダーって、こういうホワイトソースタイプの他に
トマトベースタイプのもあるそうやね。食ったことないけど。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク