君知るや?「冬瓜の炊いたん」の美味

『割烹 政』(笑) の「炊いたん」シリーズ。

tougan_taitan_00.jpg

これは冬瓜とおあげさんを出汁で炊いて、葛でとろみを付けた料理。
手軽で簡単な家庭料理やけど、ちょっとあり得ないくらいに美味い。

まぁ、過度の思い入れと自画自賛のあるコメントではあるが。
夏の暑い日に熱い冬瓜の炊いたんで暑気払い。葛を使って更に熱々。

作り方
1. 材料と下拵え

tougan_taitan_01.jpg

冬瓜は種とわたを取り、皮を剥いて、適当な大きさの銀杏に切る。
厚みは薄すぎず、分厚すぎずに。
おあげさんは短冊に切る。
葛は水で溶く。片栗粉ではなく本葛を使う方が美味い。
昆布と鰹節の出汁をとっておく。
この料理は出汁の美味さが決めて。
せやし、例の御中元の削り節と利尻で出汁を取った。

2. 出汁で冬瓜を炊く。

tougan_taitan_02.jpg

強火で一気にがぁ~と炊く。
冬瓜の炊け具合は食べてみればわかる。
一般的に、調理の全過程で味見をするのが肝要。
これは好みだが、くたくたに柔らかくしない方がよい。
冬瓜が適当な堅さに煮えたらおあげさんを入れる。
おあげさんを入れた後で炊きすぎたら汁が白濁する。

3. 塩と淡口醤油で調味する。
この料理の調味は、醤油を主体にしてはいけない。
塩主体に調味して、淡口醤油は香り付け程度にする方が美味い。

まぁ、家庭料理は食べる人の好みに合わせるのが最重要。

4.水溶き葛を加えてとろみをつける。
器によそって完成。お好みでおろした生姜をてっぺんに。

改めて手順を整理してみたけど、ほんまに手軽な料理やなぁ。

せやけど、上手に出来たらたまらん美味さです。

お試し下さい。

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レシピ大集合!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

拝見させていただきました。

「割烹 政 」様

肉じゃがの時は、コメントを残さず、足早に去ってしまいました、
やはり、 主人のブログにお邪魔する時は、
腰をすえて、(PC画面に)拝見しないといただいた気がしません。

さて、主人の「たいたん」シリーズ
(関西弁のフレーズが最高!)
大好きですよ、

>地味な料理が続く『割烹 政』?

そんなことあらしません、
割烹で切干大根いただけるなんてここ『割烹 政』だけです。

冬瓜の透き通る白さに葛が絡む 器の黒が美しい、
切干大根の盛り付け皿は、主人の目利きでしょうか?
器も涼しさを感じる一品
両方とも おあげさんが決め手!?

今日もご馳走様でした。

おっと主人 、余った肉じゃが、おつゆが少々あれば 卵とじは、邪道でしょうか?(余談でした)


ごっとハンド様 まいどです。
そうですとも。
肉じゃがの残り汁は玉子でとじて刻んだネギをのせて玉子丼です。
肉のかけらにささやかなシアワセを感じます。
切り干し大根の器は、たしか若手の作家のものですが、名前を忘れました。
冬瓜の炊いたんも、良いべべを着せたげるとなかなかええ感じになります。これは山本英明の大椀です。
実用的で使いやすい、良い漆器です。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク