1987年の赤・甘・泡

祝日だけどどこにも行かずにうちにいました。

肉焼いて食いました。

201410_recioto_00.jpg

っても、アメリカ牛のザブトンのローストビーフですが。

うちの定番です。
ガルニは細かいキューブに刻んだポテトを寄せてカラッと揚げたものです。

んで、おんもに行かない代わりにといってはなんだが・・・

201410_recioto_01.jpg

偶にはワイン飲むかってことで、殆ど死蔵品状態のを開けました。

ラベル見れば判ることですが、イタリアです。

201410_recioto_03.jpg

バルポリチェッラのレチョートで、甘口の泡です。

201410_recioto_02.jpg

ヴィンテージは1987。

もう、十数年前に買って放っておいたもんですがな。
なんでかしらんが、野菜室セラーからあぶれて常温で放置してましたがな!

10年もの間!!!

もう泡は抜けてるんじゃね?そもそも飲めるのか?ってんで、
フツーのグラスを出してきたんだが・・・

だって、シャンパン・フリュートって、あれ、洗うのめんどくさいし。
家飲みならクープの方が絶対ええんとちゃうん?と思っているが、
クープは持ってへんしね。

201410_recioto_04.jpg

さすがに泡は飛んでいたが、意外なほどに色が濃い濃い。
27年も経ってるとは思えん程に濃い。

泡はさすがにないが、舌にかすかな微発泡的な刺激有り。

で、味は問題ない。フツーに飲めます。美味しい。
マディラ臭もしないし。レチョートだし甘口だからかしらん?
甘口って結構保存に強いし、レチョート製法もなんか強そうじゃない?

そういや、澱がまるでなかったんだが、デゴルジュマンしてるんかな?
したあとの保存では、もう澱って出んもんなのかしらん?

んで、こういう赤甘って、ブルーチーズが良く合うよね。
ポートとスティルトン最強!みたいな感じで。


んだもんで・・・

201410_perchedechevre.jpg

これはシェーブルの青だぜ。


しっかし、結構ええ加減な保存にも堪えて、いまだ飲めたことにちょっと感動。

でも、もっと買いたての状態の良いときに飲んでみたかった気もするのだった。

まぁ、ね。

ワインなんか古いのを飲んでみたくなるものなのだが、色々難しいこともあるんで、
結局、フツーに手に入る若い目のを飲んでるのが一番じゃね?っていうのが今の心境。

まぁーそもそも、古酒なんか手を出す資金力ないもんね!主夫やし!!!

あーーーーやってみたいね!!

    この店で一番高いワインをくれ~っ!!!

ってやつ!!!

***

どうでもええことなんだが、

足柄山の金太郎って、リアルでいたら相当ヤバイ奴だと思いませんか?

だって、裸エプロンでまさかり担いで、てっぺんハゲのおかっぱ頭なんだぜ?
そんなのに深夜の天城トンネルで遭遇したら、泣き叫びながら逃げるレベルじゃないかな?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク