富士山登山2014の2回目(御殿場口~須走口 日帰り) その2.

例によって、当ブログ名物の超!間延びですが、完走させるです。



『わらじ館』を出たのは1220で、ちょっと長く休憩しすぎたかもしれまへん。

が、まぁ、それはいいとして、問題は頂上まであとどれくらいかということ。

『わらじ館』からすぐ上に『砂走館』があって、それからしばらく行くと
『赤岩八合館』があるのだが、どちらも今期は営業終了~

201409_fujisan_gotenba_10.jpg

『赤岩八合館』到着は1255で、昭文社の山地図参考タイムでは『砂走館』から
50分なので、またまた勝利だ!やったぜ!すごいぜ!サイコーだぜ!

あとは頂上を目指すだけなんですが、参考タイムは95分だから、1430までに
頂上ならば勝ちだ!!!いやっほー!
いや、でも、なんだか、そん時は1400までに登頂しちゃうんじゃないかって
思ってたりもしていたわけなのだった。

つーわけで・・・

201409_fujisan_gotenba_11.jpg

長田尾根記念碑通過~1326

ところが・・・長田尾根記念碑を過ぎてカクカクの岩階段の辺りからペースが
グダグダになり始めたのです。

その辺りから下りてくる人とのすれ違いが多くなり始めて、ちょっと気を
使う場面が増えたからかなー?

下りてきた人達は、たぶん、富士宮から登って、宝永火口を抜けて富士宮に
戻るんだと思うが、最近、御殿場コースは下山道として人気があるみたい?
そういや御殿場市も下山道としてアピールしていたもんね。

にしても・・・

201409_fujisan_gotenba_12.jpg

御殿場口は頂上が見えませんなぁ~

直近になっていきなり!!

201409_fujisan_gotenba_13.jpg

鳥居が見えるとゆ~!

なんやかんやで、

201409_fujisan_gotenba_14.jpg

御殿場口頂上到達は1448!!!

参考タイムに20分近くも負けた!!悔しいっ!!!

なぜだ!!ダイエットして4月から5kgも痩せたんだぜ?
今は体重106kgしかないんだぜ?
その分、楽になってもいいじゃないか??

休憩込みトータルでは7時間30分程度だった訳で、
トータルの参考タイムには余裕で勝ったんですが、
それでも、最後の区間がグダグダになったのが悔しいです。

いやいや、それでも初めて登った時は12時間かかってたし
その次は13時間もかかったのだから、まぁ、一応のリベンジは
果たせたとゆーことにしてもいいんじゃないかしらん?

第1回目は2007年で、今から7年前、7歳も若かったし、体重も102kgだった
みたいだから、50歳106kgのおいらが山地図の参考タイムに勝ったのは、
まぁ、フツーに誉めてやってもいいじゃないかな?

ん?当時はベンチ100kgだったの?
今は160kgは余裕だぜ!
スクワットも180kgはフツーにあがるぜ!
200kgは膝のせいで自粛中だがな!!

俺はまだまだやれるぜ!!!

因みに、今回は妻にずっと勝ってました!!!
彼女はエナジー補給に失敗したと言ってました。

僕はといえば、朝飯抜きです。
行動中もサプリ飲料だけ飲んでましたが、それでへーキです。


ま、登頂はめでたいんですが、とりあえずトイレってことで富士宮口へ。

富士宮口頂上の公衆トイレは15日までやってたからね。
でも、静岡側は公式には10日で閉山だとゆー
もうね、なんなの?この足並みの乱れは?
まぁ、トイレが使えりゃ文句ないけど。

にしても、寒い!!!

201409_fujisan_gotenba_15.jpg

帰ってからアメダスでその時の富士山の気温みたら0度だったんだが、
半袖半ズボンで歩いている西欧人もいたりして、やっぱ、彼らは寒さに強いの?

で、どこから下りるか妻と協議しますた。

御殿場口~砂走り~宝永火口~富士宮口五合目で1800のバスに乗るか、
それとも須走口五合目1710に挑戦するか?

富士宮口に下りたらバスは新富士駅に着くので、そしたら新幹線に乗っちゃうわな。
ほんなら2人でバスと合わせて8000円位になる。

須走なら、運良くバスに乗れたら最小費用なんだが、バスに遅れてタクシーでも
6000円位なので、トータルでは富士宮口と大差ないな、と。

でも、須走の最終バス1710、今から2時間はキツイなぁ~と。
でも、去年は特に急がずに2時間半だったんで、めちゃ急いだら行けるんじゃね?
だめなら『菊屋』さんでビール飲みながらタクシー待ったらいいんじゃね?

つーことで、須走を下りることにしたんですが・・・

201409_fujisan_gotenba_subashiri_01.jpg

後は、もうね、だめだめでしたわ。

須走・吉田共通のあ、あの大下山道の斜面を走り出してしばらくしたら、
俺の膝が「やめろ~やめてくれぇ~無理!」って言いだしやがったのです。

201409_fujisan_gotenba_subashiri_02.jpg

筋トレを長年マジにやってると、自分の肉体の叫びに敏感になるんですよ。

べつに、まだ痛くはないんだ。でも、ヤバイ気がした。

だから、ぴゅーっと下りて行く妻を見送り、おいらはとぼとぼと・・・

『大陽館』通過~

201409_fujisan_gotenba_subashiri_03.jpg

すでに1710ですな。あきませんな。だめだめですな。

201409_fujisan_gotenba_subashiri_04.jpg

砂走りに入り・・・

201409_fujisan_gotenba_subashiri_05.jpg

砂払い五合目に着いたのは1810だったとゆー。

そっからは完全に日が落ちた森の中歩きだもんで、全然捗らないしね。

結局・・・

201409_fujisan_gotenba_subashiri_06.jpg

ゲートに着いたのは1848で、二つある山小屋は既に当日営業終了だったとゆー。

で、タクシー呼んだら40分待ちで、休日渋滞回避で裏道行ってもらったら、
小型なのに7000円だったとゆーーー。

登りは結構良い感じだったのが、下りがグダグダになってしまったとゆー、
なんとも情けない当期最後の富士山登頂となってしまいますた。

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク