富士山登山2014の2回目(御殿場口~須走口 日帰り) その1.

先日、当期最後の富士山登山に行ってきました。

当期最後に相応しく!!御殿場の夜間!!!

といきたかったのですが、なぁぁぁ~んか、深夜から早朝にかけての
山頂の気温が-4℃とかになってたんで、僕は寒いの大っ嫌い!!なんで、
おそれをなして日帰りにしときました。

ま、御殿場口の日帰りはちょっと値打ちがあるんじゃないかな?

つーわけで、三島駅0545に乗って、沼津駅で御殿場線に乗り換え~

201409_fujisan_gotenba_01.jpg

なんか、富士山に雲がかかりはじめてるのがやらしぃ~んですが、
御殿場駅で降りてタクシーに乗って御殿場口5合目太郎坊まで。
料金はだいたい5000円ってところです。

んで、

201409_fujisan_gotenba_02.jpg

出発は0720でした。

まぁ、公式には静岡側は9月10日で閉山なのに、山梨側は14日までやってて、
んでもって富士宮口頂上にある環境庁の公衆トイレは15日までという、
なんなのこの不統一さ???開山時期もガタガタだったしねぇ?

ひでぇー話。

で、まぁ、オフィシャルいうところの閉山なんかどうでもよくって。
問題は営業山小屋なんですが、当日、御殿場口で営業中なのは
『わらじ館』(7合4勺標高3050m)だけで、昭文社の山地図の
参考タイムは5時間30分位。結構遠いよね。

で、まぁ、とりあえず、第一目標としては新6合目の休業中の山小屋と
いう感じでしょうか。参考タイムは3時間45分ということで、それより
速く登らなくては!!

にしても・・・

201409_fujisan_gotenba_03.jpg

さすが御殿場口です!
すかすかで気持ちいいーーーーー。

途中、速いパーティ2人連れに抜かされて、トレラン2人に抜かされて、
3,4人追い抜いて~、『わらじ館』までに出合った人はその程度でした。

ところで御殿場口の登山道というのは、下の方から『砂走館』あたりまでは
ずっと砂礫の中を登って行かされる感じになるので、歩き方に工夫が必要で、
あんまり大股にずかずか歩くと一々ズリズリ滑って非常にうっとぉしく
心が疲れます。だからもう、小股気味でペースを乱さずに登っていきました。

あと、御殿場口の登りは砂礫ザクザクの登りとけっこう固い路面の登りが
交互に出てくる感があるので、固くて歩きやすいときに時間を稼ぐなり
心身を休めるなりしたら良いんじゃないかしらん?

にしても、トレランさん達はどうしてあの砂礫の中を走って登っていけるの?
いきなり後ろに現れて、さっと抜かしてあれよあれよという間に見えなくなる。
たいしたもんだよなぁ~あれは。

なんやかんやで新6合目小屋に到着~

201409_fujisan_gotenba_04.jpg

時刻は1012だから、3時間切ったね!参考タイムに勝ったね!やったぁ~っ!

更に登ります。

201409_fujisan_gotenba_05.jpg

この単調さがたまりまへん!

なるほど・・・

201409_fujisan_gotenba_06.jpg

プリンスルートとはここで合流するようです。

201409_fujisan_gotenba_07.jpg

時々見える頂上が勇気を与えてくれます。

201409_fujisan_gotenba_08.jpg

んでまた、なんやかんやで『わらじ館』に到着!!

201409_fujisan_gotenba_09.jpg

時刻は1150!ってことは!!!4時間30分だから、参考タイムに1時間勝ってる!!

気分が良いので中で休憩して暖かいもん飲んでいきました。

休憩30分。再出発は1220でした。

(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク